安住陣屋(君津市久留里字安住)

 

 安住陣屋は、久留里城の麓にあったという。延宝7年(1679)、久留里城主の土屋頼直が家禄没収されると、翌年、この地の一部は前橋領主の酒井雅楽頭忠清の加増地となった。酒井氏はこの地に陣屋を置いて支配したという。陣屋のあとは久留里小学校周辺らしいが、遺構は特に見られない。












トップページに戻る









大竹屋旅館