朝倉城(山武郡芝山町朝倉)

 朝倉城は、成田空港の南1kmほどの台地の先端部に位置する単郭の居館の跡である。台地は下の水田からは20mほどの高さがある。現在城址のすぐ西側を空港から松尾に向かうバイパスを建設中であり、工事に先立って何年か前に城址の発掘調査が行われた。その時報告された概念図によると城址にはいくつもの建物の跡が確認されている。

 城主は飯櫃の山室氏の家臣であった奴賀家忠、忠重であったといわれている。飯櫃城の西1kmの位置にあり、岩山城と共に飯櫃城の西側の守りを固めていたものと思われる。















トップページに戻る

















大竹屋旅館