江美城歴史民俗資料館(鳥取県日野郡江府町江尾)

 江美城は、尼子氏の家臣蜂塚安房守が文明年間に築城し、以来80年にわたって蜂塚氏が居城としていたが、永禄8年(1565)8月6日、毛利軍に攻略され、落城した。

 城址は、JR伯備線の江尾駅のすぐ東側の舌状台地上に展開しており、両翼を大山渓谷の自然の堀切を配置した要害の地である。

 昭和53年、出丸(八幡丸)に4000万円をかけて、鉄筋コンクリート3階建ての民俗資料館が建設された。内部には町内の生活用具や、木地師・塗師関係の道具などが展示されている。 


















トップページに戻る

















大竹屋旅館