五城目城模擬天守(秋田県南秋田郡五城目町)

 五城目城(山内城ともいう)は、この地の豪族三浦氏が戦国時代に築いたと言われる山城で、現在は、山頂に模擬天守が建っていて、町のシンボルとなっている。

 天守の内部は森林博物館になっており、森や木と人との関わり合いをテーマとした展示がされている。町を望むかなり高い山の山頂に建っているので、天守からのながめはすこぶるよい。

 最上層は展望台になっているのだが、お茶の用意がされていて、自由に飲むことができる。また机と椅子が用意されていて、小会議ができそうな造りになっているのもここだけの特徴だ。他に訪ねてくる人もおらず、静かな城跡だった。

 しかし、肝心の遺構らしきものは特に見当たらない。模擬天守の造営に伴って破壊されてしまったのだろうか。

 下の駐車場の南側が物見台のようになっている。これが遺構なのかもしれない。




















トップページに戻る

















大竹屋旅館