広島県安芸高田市

*参考サイト  城郭放浪記 

芹田館(安芸高田市吉田町小山)

 芹田館は、安芸高田市吉田町小山の市道沿いの西側にある。言葉では説明しにくい場所なのであるが、東側の市道を走っていると、西側に石垣が連なっているのが見えてくるので、すぐにこれが館跡なのだと分かる。

 館は山麓に築かれているもので、南北に細長い形状をしている。1郭の周囲の石垣は実にしっかりとしており、高さ3mほどはある。それほどの高石垣とは言えないものだが、城郭の石垣らしいしっかりとした積み方をしている。北側寄りには折れている部分もあり、多少技巧的に見えなくもない。

 1郭の下には2段ほどの南北に細長い平場があるのだが、複郭構造であったのかどうかよく分からない。

 芹田館の由来等未詳である。地元豪族の居館にしては、石垣が非常に立派なのが印象的である。

































東側の市道を走っていると、山麓にしっかりとした石垣があるのが見えてくる。 二の段に上がる部分の土橋の脇にも石垣が見られる。
1郭周囲の石垣。かなりしっかりとしたものである。 1郭内部。土壇のようなものがある。
石垣の北側角の部分。こうして見ると城郭らしい石垣であることが分かる。 石垣の折れ部分。





































大竹屋旅館