広島県広島市

*参考サイト 山城攻城記

旭日山城(朝日山城・広島市安佐北区白木町秋山)

藤加勢城(広島市安佐北区白木町秋山)

この2つの城の間の谷戸部分がここ

*広島のAさんからの依頼で、Aさんからいただいた図面をもとに作成した鳥瞰図。というわけで、まだこの城には訪れていない。

 旭山城の城主は秋山兵衛であったと言われる。秋山氏は小笠原氏の一族で、後に毛利元就に仕えた人物である。

 藤加勢城は谷津をはさんで、旭山城の東側に位置している。旭山城と関連した秋山氏の城であったと思われる。旭山城よりも造りはしっかりしており、あちこちに石垣も見られるという。




草津城(広島県広島市西区草津町、田方町)

草津城の位置はここ

*広島のAさんからの依頼で、Aさんからいただいた図面をもとに作成した鳥瞰図。というわけで、まだこの城には訪れていない。

 城の創建時期は明らかではないが、1523年の大内氏と武田氏との争いの記事にこの城の名前が見えるという。この戦いの結果、大内氏に帰属するようになるが、大内氏の没落後は、毛利氏の城となった。この港は、安芸郡山城と瀬戸内海とを結ぶ重要な拠点として、関ヶ原後の毛利家萩移転まで、活用されていたという。




銀山(かなやま)城(広島市安佐南区大町武田山)

銀山城の位置はここ

*広島のAさんからの依頼で、Aさんからいただいた図面をもとに作成した鳥瞰図。というわけで、まだこの城には訪れていない。

 銀山城安芸国守護であった武田氏の居城である。武田氏の支配は天文10年(1541)まで続いたが、武田信実は大内義隆との争いに敗れ、銀山城を奪われることとなった。
 大内氏が滅び毛利氏が台頭してきた後は毛利氏の持ち城となり、関ヶ原後の毛利氏の長州転封まで維持されていたという。




木の宗山城(広島市東区福田・安佐北区小河原町)

木の宗山城の位置はここ

*広島のAさんからの依頼で、Aさんからいただいた図面をもとに作成した鳥瞰図。というわけで、まだこの城には訪れていない。




高松山城(広島市安佐北区可部町下町屋)

*広島のAさんからの依頼で、Aさんからいただいた図面をもとに作成した鳥瞰図。というわけで、まだこの城には訪れていない。

 高松山城は、熊谷次郎直実の子孫であるという熊谷氏の居城である。

























大竹屋旅館