広島県府中町

*参考サイト 山城攻城記

出張城(府中町宮の町)

出張城の位置はここ

*広島のAさんからの依頼で、Aさんからいただいた図面をもとに作成した鳥瞰図。というわけで、まだこの城には訪れていない。

出張城は白井氏の居城であったという。
白井氏の本家筋であり、その庶流は、厳島合戦の前哨戦で仁保城にこもって敗れた白井賢胤であった。

「出張城跡と白井氏

出張城跡は、室町時代中頃の応永年間(1394〜1428)に下総国から安芸国に移り、瀬戸内水軍となった白井氏の城跡と伝えられている。
出張城の呼称は、現宮の町一丁目と同三丁目堺の古山陽道沿いを出張市と呼んでいたことから、字名にちなんで近世に命名されたものと思われ、中世の史料には府城・国府城・芸府城などと記されている。
城は本丸を中心として数段の郭を設けているが、現在では出張城は一族の拠る仁保城(広島市黄金山)とともに広島湾頭において銀山城の防禦線の役割を果たしていた。
ところが周防大内氏の支配権が及んできた大永年間末(1527)にはその配下となり、佐東郡牛田・山本などに領地を与えられ、海上でも一層活躍している。
しかし天文20年代以後(1551〜)は次第に毛利氏に領地を奪われ、活動の拠点もこの地から離れていったものと思われる。」
(現地案内板より)





































大竹屋旅館