富山県小矢部市

今石動(いまいするぎ)城・小矢部市城山町)

 今石動城までやってきてみると、案内板が立っているのだが、そこには「私有地なので立ち入りはご遠慮ください」とある。せっかく来たのに、これでは遺構がどうなっているのかさっぱり分からない。それでは悔しいので、とりあえず、『16世紀末全国城郭縄張図集成』掲載の図をもとにしてラフを描いてみたのだが、これだけではなんだかよく分からない

 今石動(いまいするぎ)城は、小矢部市のその名も城山にある。地図を見ると「城山公園」というのが目立っており、これが公園として整備されているのかとも思ったのだが、実際には城址公園は城の山麓であり、本当の城址は比高110mほどの山上にある。山上までは車で上がれる道も付いているのだが、上記の通り、遺構のあるところまで進入できなかった。

 天正12年、越中の佐々成政と緊張状態にあった前田利家は、佐々氏を監視するためにこの地に着眼し、今石動城を築いたという。城将として、前田秀継・利秀父子が入城した。これに対して、佐々氏成政は、神保氏張・佐々平左衛門らが攻撃を仕掛け、城下に火をかけたが、前田氏らは城内から打って出て、神保氏らを撃退したという。








今石動城址に建つ案内図。車で本丸の真下辺りまでいけるのだが、「私有地のため内部立ち入りはご遠慮ください」と案内板にあった。残念! 山上近くにはこのようなものがある。一見して、「復元物見台か!」と思ったのだが、実際にはただの展望施設であった。





































大竹屋旅館