細子城(山武郡芝山町大台字細子)

 細子城は、北東側の台地先端部に位置している。「昭文社」の地図では、ちょうど「細子」と記してある辺りである。台地には稲荷神社があるというが、山麓地帯には民家が密集していて、神社の参道がどこにあるのか見つからない。台地上に神社があるのかどうか、下からでは鳥居も社殿も見えない。
 仕方がないので、西側の工業団地の方から畑を通って、城址のある台地先端に近づこうとしたのだが、途中ヤブに阻まれて撤退してしまった。
 そこで、『芝山町史』の図を参考にしたラフだけあげておくことにする。長軸30mほどの単郭で、東南部には横堀と腰曲輪のようなものを持っていた。

 いずれ、実際に城内に入れることがあったならば、もっとちゃんとした図を描きなおしてみたいと思う。










細子城は、飯櫃城の1km南、大台城からは700mほど西北に位置している。芝山第二工業団地のすぐ東側に当たる。比高20mほどの独立台地で、城址は山林化しているが、土塁や腰曲輪などが残っている。位置からして、飯櫃城の南の備えとして置かれたものであることは間違いないだろう。城主等については未詳。













































大竹屋旅館