北条陣屋(館山市北条字仲町)


 北条陣屋は、JR館山駅の東北300mほどの所にあった。駅のすぐ近くの市街地のため、すっかり宅地化されて城址は跡形もなくなり、旧状を偲ぶすべもない。現在稲荷神社のある辺りを北限として、館山光文荘、館山カトリック教会、武香陵酒造の辺りまでが城址だったらしい。昔は郡役所や警察署、役場などがあった所という。

 元々は安西氏の居館があったところで、里見義豊の時に攻められて落城したとも言うが、はっきりしない。

 寛永15年(1638)、屋代忠正が粟野内万石を拝領し、甲斐の国巨摩郡からこの地へ移ってきて構えたのが北条陣屋である。更にその後、水野氏の陣屋となって明治維新を迎えた。



鶴ヶ谷陣屋(館山市北条字鶴ヶ谷)

  

 鶴ヶ谷陣屋は、北条字鶴ヶ谷の地に、忍藩主松平忠国によって天保14年に設置されたという。詳細不明。






















大竹屋旅館