藤ヶ谷城(東葛飾郡沼南町藤ヶ谷字城ノ堀)

 藤ヶ谷城は、国号16号線沿いの香取神宮の辺りにあった。この16号線が城址を分断してしまっているらしく、現在では遺構はほとんど見られない。香取神社は比高5〜6mほどの高さでとても要害とは思えないような場所だ。「概念図」によると、国道16号線の東西にまたがり、土塁と空堀で区画された大規模単郭雑形の居館であったようである。歴史についての詳細は未詳であるが、小金の高城氏の家臣で藤ヶ谷修理という者が見えることから、かれの居城ではないかとも推測されている。

藤ヶ谷中上城(東葛飾郡沼南町藤ヶ谷字中上)

 藤ヶ谷中上城は、藤ヶ谷城の南西400m辺りにあったという。藤ヶ谷城の支城と思われ、かつては土塁や空堀が残っていたというが、耕地整理が行われたため、現在では遺構は見られない。

 戦後直後の航空写真から旧状を想像してみたが、あくまでも想像の産物に過ぎない。

























大竹屋旅館