磐洲城模擬天守(いわき市床屋沢)

*参考サイト あやしい城

 国道399号線をいわき市から、川内村方向に走っていると、途中で山の上に天守状の建造物があるのが見えてくる。この辺りの位置である。三層の天守は、台地の縁に建っているので、遠くからでも山上にそびえて見えるようになっている。

 近づいてみると、天守は国道脇の崖っぷちに建てられており、遠くからでも見られるように意識して建てられていることが分かる。国道のすぐ脇なので、いやでも目に入ってくる。いかにもちゃんとした天守状の建造物である。

 しかし、入り口は閉鎖されていて、中に入ることはできなかった。中にはテーブルと机がいくつか並べられてあったが、特に展示などはなされていないように見える。玄関の脇に「磐洲城天守閣」という看板が掲げられているので、その名称はすぐに分かるのだが、何のためのものなのだろうか。。

 誰が何のために建てたものなのか、詳細は不明である。あるいは、個人が展望台兼用の研修施設として建てたものなのだろうか。立派な建物なのに閉鎖されているのは残念な気がする。

*詳細不明、と書いたが、その後、情報をいただくことができた。かつてここには「グリーンランド」というテーマパークがあり、この天守は「グリーンランド」の象徴的な建物だったのだという。かつてはTVCMなどもバンバン流していたということだが、栄枯盛衰、閉鎖されてしまい、現在は天守だけが忘れ去られたように残っているということらしい。それにしても、ここは交通不便であり、場所が悪すぎたのであろう。

国道399号線沿いに建っている天守閣。道路のすぐ脇の崖っぷちに建っているので、否が応でも目に入ってくる。近づくと「磐洲城天守閣」という看板が目についている。 南側の台地下から見た天守閣。台地縁にあるので、かなり遠くからでも目にすることができそうである。





































大竹屋旅館