福島県泉崎村

*参考資料  『日本城郭体系』 

泉崎館(泉崎村)

 泉崎館は、JR東北本線泉崎駅のすぐ西側に存在していたという。しかし、この辺は早くから宅地化が進み、さらに周辺で大規模な耕地整理が行われているということもあって、現在では明確な遺構を見つけることができなかった。しかし、伝承によると、かつては二重の堀を巡らせた、一辺が200m近くもある大規模な城館であったという。

 そこで、1947年の航空写真を見てみると確かに南側に堀跡のようなものが存在しているのが確認できる。おそらくこれが堀だったのではないだろうか。もっともその時点でもすでに、堀の大半は埋められてしまっているようである。しかし、想像で補ってみると、右のラフ図のような形状であったかと思われる。



 泉崎館は、天正年間、辺見主膳正の居館であったという。















































大竹屋旅館