船形城(館山市船形字新山)

 船形城は館山市と富浦町にまたがる比高25mほどの独立台地上にある。城址には腰曲輪や空堀があるという。現在この山には何かの宗教的な建築物や、山頂には白いモニュメントのようなものが見えるのだが、あれは何なのだろう。新興宗教の施設なのだろうか? あるいは個人が趣味で建てたもの? いずれにせよ山中には入れなくなっていたので遺構の確認はできなかった。

 船形城は永享年間に安西肥土守定勝の居城であったといわれている。安西氏はもともとこの地の豪族であったが、後には里見氏に敗れ、その軍門に下ることになる。
















 



船形陣屋(館山市川名字御霊)

  

 船形陣屋は館山市川名にあったという。旗本平岡丹波守道弘が元治元年に築いたと言うが詳細は不明。






















大竹屋旅館