茨城県潮来市

*参考資料 『日本城郭体系』 『重要遺跡報告書』

潮来陣屋(潮来市潮来字弁天山)

 潮来陣屋は、文化3年に海防のために築かれたものである。国道51号線の「土木事務所入り口」の信号を左折してすぐに目の前に見える比高15mほどの台地(弁天山)がその跡だということである。

 台地上には道がついてはいるが、両脇すべてが笹藪の中で、遺構の確認はまずできない。とはいえ、前面中腹に神社、東側先端近くに「南無妙法蓮華経」の碑があり、そこまでは上れる道もある。

 台地基部の尾根が細くなっている部分にはAの土塁が見られる。また、この周囲の土手は、切岸状に削られている。

 幕末、天狗党の乱の際にこの陣屋は天狗党の拠点の1つとなった。そのため藩の攻撃を受けて落城、炎上してしまった。
 

 以上の記述は2003年頃の訪問時の際のものであるが、その後、2010年に訪れてみると、台地に上がる道すら分からないほどごみが捨てられ、ヤブ化が進行していた。内部は荒れ放題のようで、神社や石碑の所にすらたどりつけなくなってしまっていた。

 潮来市は、このような文化財に対する関心が低いのであろうか。あまりといえばあまりの惨状である。現在では、ほとんど探訪不可能な遺跡になってしまっている(xx)。
 












国道51号線側から見た弁天山。目立つ台地なので場所はすぐ分かる。 写真の正面ちょっと左よりの所から上の神社と「南無妙法蓮華経」の碑のある所まで道がついているが、あとは一面の笹藪である。




新城(潮来町大生字松輪)

 新城は、鳳凰台城の東南400m、大生様屋敷の東200mほどの比高15mほどの台地上にあった。城址の脇には観世音寺がある。

 観世音寺は、大宝元年(701)、当地を支配していたオフ氏(大生氏)によって建立されたものであるというから、ずいぶんと歴史のある古い寺院である。もっとも明治12年に山火事がもとで焼けてしまってからは、すっかり衰亡してしまったようで、現在は無住のお堂があるだけである。

 この脇から尾根道を通って歩いていくと、写真の空堀と土塁が目に入ってくる。(薮だからよく分かりにくいと思うが) これが城址らしい。空堀の深さは2mほど、幅は3m、土塁も1.5mほどと、それほど高くはない。内部は20m×60mほどの不整形な長方形の郭であるが、山林化していて形はつかみにくい。だが、土塁によって区画された2〜3郭ほどの区画が存在していたようである。もっとも、土塁も一部は崩されてしまったようで、東南側の民家の裏辺りでは、湮滅してしまっている。

 また、台地の北側下には「大生の思井戸」と呼ばれる池がある。現在でも満々と水を湛えており、黒い鯉が何匹も泳いでいた。

 城の歴史等は未詳であるが、新城というからには、鳳凰台城の出城として、戦国期辺りに新しく築かれたものではないかと思われる。ただ、それにしては規模は小さく、それほどの新しさを感じるものでもない。


 さて、この城の郭内を歩いていると、やたらと犬がうるさく吠えてくる。しかもだんだん近づいてくる。何だろうと思っていると、何やら放し飼いにされた2匹の犬が近づいてきて、こちらの様子を伺っている。

 目の前に犬が急に現れたので驚いたが、私と目をあわすと、犬は急に身を引きそうになった。「勝った!」と思って「ウオー」と吠えながら犬に向かっていくと、2匹とも、キャンキャン叫びながら、尻尾をまいて逃げていった。弱い犬ほどよく吠えるというのはこのことよ。

 というわけで、この城で急に犬が現れても、驚いてはいけません。こちらが逆襲するそぶりを見せれば退散していくので、犬を驚かせてやりましょう。



城の北側台地下にある大生の思井戸。鯉がたくさん泳いでいた。 西側先端の城塁。ヤブがひどすぎて、写真がまともに映らない。




大生様屋敷(潮来町大生)

 大生様屋敷は、鳳凰台城の南400mほどの所にあった。鳳凰台城とは隣接しており、この城に付属した施設だったのかもしれない。あるいは城が築かれる前の屋敷があったところであろうか。谷戸を挟んで東側には新城がある。大生神社の北東200mの場所である。

 ここも鳳凰台城同様、開墾が進んでいて、遺構らしきものは見られなくなっている。しかし、台地の一部に深さ3mほどの段差がある。これがかつての屋敷跡の名残かもしれない。

 また、台地縁に進入してみると、2や3といった腰曲輪状の平場がある。これも遺構であったものだろうか。

 台地縁部を歩いていて印象的なのは、まるで大規模な堀切にも見える切り通し状の通路が3か所に見られることである。特に2と3は、ほとんど堀切といってもいいくらいのものである。2や3はこれらの切り通しによって区画されており、それぞれ独立した空間となっている。

 しかし、これだけでは、全体形状はつかめない。やはり本体部分は、耕作化によって失われてしまっていると見るべきであろうか。



















2と3の間にあるBの切り通し。まるで堀切のようだ。 2の北側にあるAの切り通し。こちらも、「堀切」といってしまっても何の違和感もない。


































大竹屋旅館