茨城県稲敷市(旧新利根町)

*参考サイト 美浦村お散歩団

東条城(稲敷市下太田)

南側の太田小学校から見た城址。比高20mほどの独立台地である。 小学校の脇にはこのような案内板が立てられていた。まだ新しいもののようで以前来た時にはなかった。しかし、これにしたがって進んでいっても、城らしい遺構は見られない・・・・。
かつての太田中学校の校門脇にある城址碑。最近ではすっかりヤブに覆われてしまっている。下の以前記述にある写真と比べてみてほしい。昭和26年に地元の有志によって建立されたものである。「土岐氏居城 東條城跡」とある。 その脇にある校門。こちらもすっかり埋もれてしまっている。
城内の様子。けっこう広いが、だいぶ改変されてしまっている。 曲輪奥の辺り。
 (以前の記述)県道5号線の通り沿いに太田小学校がある。太田小学校の北側には比高20mほどの独立丘があるが、その上が東条城の跡である。

 ここには現在東海建材という会社がある。城山を小学校の裏から登っていくと、頂上付近の左手に何かの門の跡がぽつんと建っているのが見える。これは旧太田中学校の校門の名残である。かつてこの地には太田中学校があったのだが、後に統廃合で廃された。

 この門柱の脇に写真の城址碑が建っている。「東条城跡」とあるが、これは太田中学校があった時代に置かれたものであろう。太田中学校がなくなったあと、東海建材がこの地にやってきたというわけだ。

 というわけで、中学校の敷地になったり、建設会社の敷地になったりということで、城内はすっかり削平されており、遺構らしきものは、ざっと見て見あたらない。奥の方もよくよく見れば何か発見できたかもしれないが、あちこちで会社の人にじろじろ見られるので(断っておいたのに・・・)気が引けてしまって、あちこち歩いては見られなかった。ただ、この台地の土手は削り落とされた急斜面になっており、それが城址らしいとは言える。また虎口付近には腰曲輪らしきものもみえる。また小学校の南西の小山の土手も城塁らしく見える。ここは出城であったかもしれない。


 東条城の城主東条氏は、もとは常陸大掾氏の一族だった。ここ東条荘を領するようになって東条氏を名乗るようになった。南北朝時代には、北畠親房が東条氏を頼り、ここを目指した。しかし結局、親房は東条には来ず、神宮寺城や阿波崎城に拠ったのであった。

 東條氏や太田氏に関しては常陸平氏系『太田氏』が参考になる。





































大竹屋旅館