飯土井台城(香取郡多古町南中字飯土井台)

 飯土井台城は、南中の台地の西端部にあり、道路を挟んで、分城とは相対する位置にある。台地上は広大で畑地となっているので、車ででも登っていくことができる。比高は25mほどある。

 城郭的な遺構はよく分からないが、台地上には写真のような古い塚が多く点在している。塚からは刀などが発掘されたという。古代からの居住地だったのだろうか。

 後にこの辺は馬の調教場として使用されていたという。ここも分城同様、千田大隅守胤貞の居城だったというが、本当かどうかは不明である。










台地に上がる途中にある、まるで大枡形のような大規模な切通しの通路。といっても、これは後世の産物である可能性の方が高いものであろう。











































大竹屋旅館