稲庭城模擬天守(秋田県湯沢市稲庭(旧稲川町))

稲庭城は、この一帯の領主であった小野寺氏が居城としていた山城である。その後、最上氏との攻防が繰り広げられ、天正年間末期頃、ついに最上勢の手に落ち、以降は廃城になったという。模擬天守は今昔館と呼ばれ、稲庭うどんの由緒・製法、黄金の茶室等の展示がされている。

稲川町は交通の便が悪く、車がなければ訪れるのは難しいだろう。東北道の古川 I.C.で降りて延々栗駒山越えをしてやってきたのだが、いやはや何ともハードな道だったぞ。景色はよさそうだったけどね。(霧が深くてあまりよくわからなかった)

 さて、下の駐車場からは、ケーブルカーか徒歩で登るのだが、なかなか厳しい山道である。ご年輩の方にはかなりきついかも。












『中世城郭事典』に掲載されている図を基にして鳥瞰ラフ図を描いてみると、次のような感じになる。

























大竹屋旅館