千葉県夷隅町

*参考資料 『夷隅の城』(小高春雄) 『房総の古城址めぐり:』(府馬清) 『千葉県所在中近世城館跡詳細分布調査報告書』 『日本城郭体系』  

伊保館(夷隅町引田) 

 伊保館は鎌倉時代初期に和田義盛が居館を構えたところである。土塁や空堀の一部が残っているという。その後、室町時代になると、伊保地域には狩野氏が勢力を伸ばしてくる。狩野氏の居館となっていた所であろうか。



大野城(夷隅郡夷隅町大野字要害)




国府台城(夷隅郡夷隅町国府台字細廓)





光福寺館(夷隅郡夷隅町大野)

 光福寺館は、大野城の500m南にある。光福寺のある比高20mほどの台地上である。土塁や腰曲輪などが残っており、大野城の出城として用いられたことがあったかもしれない。光福寺は、狩野氏の菩提寺の末寺であり、やはり狩野氏に関連した館であることは間違いないだろう。狩野氏がこの地域に勢力を持っていたのは戦国期以前の話である。

 光福寺には町指定の文化財の、本堂や山門などがあるが、なかなか風情のある建物だ。




権現城(八幡城・夷隅郡夷隅町松丸字向台)




西福寺裏館(夷隅町松丸字城ノ内)

 夷隅川を越えて万木城の北側の微高地に西福寺があるが(この寺院はちょっとみると普通の民家に見えるので、探すのがちょっと難しい)、この裏手の一帯を城ノ内と呼んでいる。現在は町営住宅の敷地となっているのだが、この字名からして、なんらかの城郭があったところであるのかもしれない。ただし、現在では特に遺構は見られない。歴史等も現在の所未詳である。



作田館(夷隅町作田字御館台)

 作田館は明王院の東隣辺りにあったらしい。未確認なので詳細は後日。



随領館(夷隅町大野字随領)

 隋領館は大野城と光福寺との間にあったという。伝承等があるのかどうか知らないが、大野城と光福寺とのちょうど中間くらいの所にあり、比高7mほどの高台になっている。現在は民家の敷地になっているが、一段下には腰曲輪のような郭らしきものもある。大野城となんらかの関係があったものだろうか。



中村館(夷隅町大野)

 中村館は、光福寺館の1.2km南にある。県道82号線を光福寺から南下していくと、右手の山稜が急に近づいてくる所がある。そこを過ぎ、次の山稜との間の狭間のような所にある。谷戸部を利用した典型的な居館で、この谷戸部には高さ2mほどの高台の上に、一軒の民家が建っている。ここがそうなのであろう。土塁が残っているという。土豪層の居館であろう。



万木城(夷隅郡夷隅町万喜字城山)  




























大竹屋旅館