伊丹陣屋(市原市宿字根田)

 

 江戸時代初期、旗本伊丹大隅守康直がこの地に4600石を領して築いたのが伊丹陣屋であるという。陣屋は幕末まで続くが、明治元年、徳川家達が駿河に移封されることになると、伊丹市もそれに伴って駿河に移り、陣屋は廃止されたという。大部分宅地化されているが、土塁の一部が残っているという。





























大竹屋旅館