千葉県一ノ宮町

*参考資料 『夷隅の城』(小高春雄) 『房総の古城址めぐり:』(府馬清) 『千葉県所在中近世城館跡詳細分布調査報告書』 『日本城郭体系』 

 

一宮城(長生郡一宮町一宮字城の内) 




上ノ原城(輪ノ内城・一宮町一宮)

 上ノ原城は、一宮町役場の東南300m、八雲神社が建つ辺りにあったという。平地の居館で、土塁が残っていると資料に書いてあったが、どれをもって土塁と見なしたのかまったくわからない。この辺りはほぼ宅地化されてしまっている。ただし、一部土地の低くなっている辺りが堀の跡と見られなくもないがはっきりしない。城主等歴史も未詳である。



加納藩台場(一宮町一宮字台場)

 加納藩台場はその名も台場と呼ばれている半島状台地の先端部にあった。海岸防備のために天保15年に設置されたもので土塁が良く残っているという。



高藤山城(長生郡一宮町一宮高塔)




























大竹屋旅館