岩手県花巻市

*参考資料  『日本城郭体系』

*参考サイト  城郭放浪記  東北城館魂

土沢城(花巻市東和町土沢5区)

 土沢城は、東和中学校の南側にある比高50mの山稜に築かれており、館山公園となっている。萬鉄五郎記念館のすぐ北側の山稜であり、この記念館の駐車場に車を置かせてもらって歩けばすぐに城内である。

 しかし、後で御本館まで行ってみると、すぐ真下の堀切の辺りまで車で来られる道路が付けられており、駐車するスペースもありそうであった。本館まで楽に登るには、こちらのルートの方がお勧めであるかもしれない。

 大手道と思われるのは、今回通った西側からのルートである。平和塔の建つ小郭や、於岩稲荷のある郭の下を通っていくと、西館との間の堀切が見えてくる。その先にかつて大手橋が存在していたという。

 ここを登っていくと桜丸であり、ここには桜丸神社が祭られている。そして、そこから中心部分の城塁脇に付けられた道を上がっていけば、そこが御本館ということになる。御本館は、中館・西館とともに凹字形状の広大な平場の一角にある。登ったところのすぐ脇に「大手門跡」という標柱が立ち、その先が方5mほどの枡形状のくぼみとなっていた。となると、本来の登城道は、この枡形内部に進入するようになっていたのであろうか。

 本館の南側一段下に腰曲輪が造成されているが、そこに東館という標柱が建てられている。また御本館の東端が尾根続きであったようで、そこに堀切が入れられている。この堀切の堀底はそのまま横堀となって、西館の下まで長く延びていっている。

 この横堀の北東側部分の下は、平坦な地形になっている。こちらも夏場のヤブできちんと確認できてはいないのだが、数段の段郭が存在しているようにも見える。実際にはこの先にも郭群が展開していると思われる。

 上で述べたように、城の中心部分となっているのは凹形状をした平場であるが、かなり広い面積があるので、これを御本館、中館、西館と3つに区画していた。御本館と中館との間には2mほどの段差があるが、西館と中館との間には、それほど明瞭な区画はなく微妙な段差だけである。西館は地勢も少し傾斜している。

 中館の北側角の下の横堀から、北側にかけても郭が造成されている。横堀の土塁から接続している郭で、まさに攻撃陣地のような形状をしている。接近する敵を攻撃するための最前線の郭であったものだろう。

 西館下の横堀の西の外側(於岩稲荷の上)にも攻撃陣地のような郭があるが、こちらは、やや傾斜した地形になっているようで、建造物を営むのにはちょっと厳しそうである。

 土沢城はこれだけの城で、さほど大規模な城郭ではないが、非常にまとまりよい構造の城郭であり、その形状をよく把握できる。公園化されているということもあり、多くの部分はきれいに整備されているし、城塁などは築城当時の旧状をそのまま維持しているようである。城郭マニアお勧めの城の1つであるといっていいだろう。




平和塔のある郭の下の城塁。下の萬鉄五郎からの道を上がって来るとここに出る。大手道はこの手前から右側に入っていくことになる。 進んでいくと、西館下の堀切の脇に出る。
さらに進むと大手橋跡がある。この先が桜丸神社となっている。 桜丸から見た、東側の城塁。東館以下、数段の郭が配置されているのがよく分かる。
本館内部にある大手門跡。小規模な枡形である。本来はこの内部を通って進入するようになっていたのであろうか。 本館から見下ろした東館。といっても腰曲輪の1つであり、さほど大きな郭ではない。
本館と東側の尾根続き部分との間に掘られた堀切。 本館北側下の横堀。その先はヤブだが、郭であったかもしれない。
西館下の堀切。急峻で深い。 平和塔。
 土沢城が築かれたのは慶長18年(1613)のことであったというから、時代的にはすでに中世城郭ではない。当時、南部氏は伊達氏との領域防衛の必要性を感じており、そのため、この地に新城を築かせたのであった。城主は江刺隆直であった。

 江刺氏はもともとは葛西氏の家臣であえい、葛西氏が没落した後に南部氏に仕えた人物であったが、九戸政実の乱や、和賀氏の乱の際に南部氏の家臣として活躍した人物であった。武闘派の人物であったのだろう。そのため、伊達政宗の侵攻に備えて、伊達領との国境の防衛を任されることになったものらしい。

 江戸時代に入って数十年が過ぎてくると、世の中も平和になり、境目の城としての必要性も薄れてきた。また、領内に余計な城を有していることは幕府の誤解を招くことにもなりかねない。そこで寛文10年(1670)、土沢城も破却されることとなった。





































大竹屋旅館