陣馬台砦(市原市田尾)


 陣馬台の砦は、平蔵川を挟んで、池和田城の南600mほどの所にある、比高20mほどの台地上にあった。この台地は北側に向かって突きだしたかなり広範な台地だが、台地上のほとんどは鶴舞カントリー倶楽部に敷地内となっており、遺構等もほとんど失われてしまっているということである。一部に空堀や土塁等が残されているとも言うが確認することはできなかった。永禄7年(1564)、北条氏政は里見氏をこの地域から一掃するため、大挙してきたが、その際にこの地に陣を敷き池和田城を攻撃して、攻め落としたという。つまり陣馬台とは、北条氏政の陣馬所ということのようである。ただし「関八州古戦録」では、池和田城救に来た大多喜城主正木大膳の陣所であったとある。































大竹屋旅館