香取坊山城(佐原市香取字坊山)

 香取神宮の1kmほど北西に、写真の坊山あるいは坊主山と呼ばれる整った形の山がある。これが香取坊山城である。比高20mほどの半島状の台地で、先端部を利用した単郭の砦跡だという。登り道は分からなかったが、土塁や空堀がよく残っているという。

 城主は伝承によると、内山中務の家臣、岡沢長吉であるというが、彼がどのような人物であったのかは明らかではない。彼は後にこの地に長吉寺という寺院を建てたというがその寺は現在はなくなっている。また「千葉家臣記」では高橋駿河の城であったという。どちらが正しいのかははっきりしない。





















大竹屋旅館