*参考資料 『房総の古城址めぐり』(府馬清) 『市原の城』(小高春雄) 『日本城郭体系』 『千葉県所在中近世城館跡詳細分布調査報告書』

勝間館(市原市勝間字綱城、北屋敷山、西源氏山)

 うぐいすラインと桑山堰との間の比高30mほどの台地が勝間館の跡であるという。地形図を見ると、下の写真の脇にある民家の奥辺りから、上がっていけるような道が記されている。

 遺構らしきものはほとんどないらしいが、「綱城」、「北屋敷山」といった地名から、城館が存在していた可能性は大である、といえるだろう。

北方の谷戸からみた勝間館。この左側上の民家の奥辺りから台地上に上がる道があるらしい。
(以前の記述)勝間館は、犬成から大桶に続く「うぐいすライン」の途中にある。大桶方面に南下して走っていくと途中に日枝神社があり、そのすぐ先に県道犬成海士有木線との交差点がある。そこを過ぎたちょっと先に右手に入っていく道があるが、その道を600mほど入ったところにある桑山堰の東側の比高30mほどの台地上が館跡である。

 館跡に行く途中には特別養護老人ホーム「清光荘」というのがあるが、そこから先は関係者以外立入禁止の看板が立っていたので、館跡まで近付くことはできなかった。したがって遺構の状況等も不明。城主等についても明らかではない。

 


























大竹屋旅館