菊間陣屋(市原市菊間)


 菊間陣屋は、明治元年にできた新しい陣屋であった。徳川家達が駿河に移封されたのに伴い、駿河地方の大名たちが房総地区に移封されているが、沼津藩5万石の水野忠敬もその1人で、市原市内で新たに5万石を有し、陣屋を置いた。これが菊間陣屋である。位置は村田川を望む天満宮のある台地辺りで、忠魂塔の立つ脇に、「史跡 菊間陣屋跡」と記された標柱がひっそりと建っているという。2重の土塁を巡らせていたと言うが現在では遺構は見られない。 

 比高10mほどの台地上には、古墳が多く残されている。菊間古墳群で、このうちの北野天神山古墳という高さ8mもあって見晴らしの良い古墳上に天満宮の祠がある。この辺が陣屋跡なのであろうか。遺構らしきものがないのではっきり分からない。台地の縁には市原市の文化崎の姫宮古墳という前方後円墳もあり、なぜか皇太子(現在の天皇)ご訪問の碑が建っている。




菊間館(市原市菊間)


 菊間館は、村田川を挟んで菊間陣屋と北に向かい合う地にあったという。長妙寺のある辺りであったというが、遺構は特に見受けられない。伝承によると、里見氏の家臣で高橋恒重という者が居館としていたところであるという。





















大竹屋旅館