小中台城(千葉市稲毛区小中台町字城山)

 

 小中台城はすでに消滅してしまっているので、『千葉城郭研究』第6号「下総小中台城について」の外山さんの図を元にしてラフを描いてみた。2郭構造の小規模な城郭であったらしい。

 城址はかつて城山と呼ばれていた台地で、ここには馬加康胤の家臣であった中台主税助、小仲台為五郎といった武将が居城としていたといわれる。しかし宅地開発の波に押され、地形は改変され、城址は現在では消滅してしまった。位置は小中台町と、小中台8丁目との境界辺り、第二稲毛ハイツの北側辺りであったという。車で付近を走り回ってみたが、本当に宅地化のために何もない。城山と言われた辺りは、比高15mほどの高台であったようだが、現在では城址のような地形すら失われている。ただ「城山ハイツ」と言う名の新しいマンションがあるため、かろうじてここに城山があったのか・・・と偲ばれるのみである。






































大竹屋旅館