金剛地城(市原市金剛地字陣場)

*参考資料 『市原の城』(小高春雄) 『日本城郭体系』 『房総の古城址めぐり』 『千葉県所在中近世城館跡詳細分布調査報告書』

 

 金剛地城は、茂原市との境界近くにある。千葉外房道路の板倉インターの南1.5kmの所である。比高20mほどの独立台地で、台地北側には本宮寺や熊野神社がある。ここから大沢地区との境界付近のラジコンサーキット場までの南北1km近い台地全体に『千葉県所在・・・』は城域の印を付けている。

 土塁や空堀、虎口などが残っているというが、どれがそうか、はっきり確認できなかった。けっこうあちこち歩いたのだが、遺構らしきものにはお目にかかれない。台地上はヤブも多く、あるいはそのどこかに埋もれているのであろうか。

 『千葉県所在・・・・・』が、城域を非常に広く取りすぎているために、どこを歩けば遺構にぶつかるのかがとても分かりにくい。しかし、逆に考えると、城域をむやみに広く取っているのは、結局、どこが城だか分からなかったがゆえであるとも考えられる。となれば、もともと、明確な城郭遺構はほとんど存在していなかったのであろう。

 陣場台という地名からすると、城というよりは陣所であり、合戦の際に一時的に陣取っただけの場所であるとも考えられるとなると、遺構そのものがもともとほとんどなかったというのも仕方のないところであろう。

 『郡誌』によれば、多賀氏の陣所の跡であるという。

 また、伝承によると、本納城の城主黒熊大膳亮の出城の1つであったともいう。土気城の酒井氏と黒熊氏(黒駒氏)とは敵対関係にあり(実際合戦も行われているという伝承もある)、酒井氏に備えて築いたものというように想定できそうだが、黒熊氏は現在ではその実在そのものが疑われており、黒熊氏に関する伝承そのものが信憑性に欠けるといえる。 

 五反田というバス停の辺りから、台地上まで車で行ける。台地の中ほどに、熊野神社があり、その先の畑となっている平坦地や山林化されている広大な地域が城域ということになっているのだが、台地上はやたらと広く、防備的な設備もあまり見られず、どこが城址なのかさっぱり分からない。

 台地を上がり始めるとすぐ「←本宮寺  熊野神社→」といった案内がある。このすぐ左手の急斜面を登ると本宮寺がある。この寺院には土塁や櫓台状の地形が見られるが、これは寺院に伴うものであろう。

 熊野神社には写真のような大規模な土塁状地形もあるが、これも神社の付属施設にすぎないのであろう。熊野神社は山中のひっそりしたところにある神社だが、由緒のありそうな神社で、享保年の銘がある石鳥居や、市原市の文化財に指定されている銀杏の木などがある。銀杏の木は樹齢は分からないがとても大きいもので、途中の幹から自生した椿の木が花を咲かせているのが印象的であった。




























大竹屋旅館