寿城(お菓子の寿城・鳥取県米子市)

 

         

 知人のMさんに教えてもらって知りました。山陰自動車道米子インターチェンジの側に、お菓子屋さんが建造した私物らしいです。しかし注目すべきはなんと言ってもその外観です。明治13年に山本新助という人に37円で払い下げられ、風呂の薪代わりに燃やされてしまった本物の米子城天守の姿をほぼ忠実に再現していると言ってもいいでしょう。(もし今も残っていれば国宝は間違いのないところでしょうね)外面に下見板張りを付ければ古写真の米子城天守そのままです。できればそこまでこだわって欲しかった。さらに小天守も付ければ完璧になるのだが・・・。それにしても天守の復元などという、鳥取県や米子市も二の足踏んでいることを、よく個人でやったものです。天晴れ!!!


































大竹屋旅館