千葉県九十九里町

*参考資料 『日本城郭体系』 『房総の古城址めぐり』 『千葉県所在中近世城館跡詳細分布調査報告書』 

小関城(山武郡九十九里町小関)

 小関城は、東金との境近く、現在妙覚寺の建つ所にあったと言われる。周囲との比高差はまったくなく、平地の居館の跡らしい。周囲にはあちこちに水堀の跡のようなものが残っており、わずかながらも現在でも水をたたえている。

 城主は小関氏であったといわれるが詳しいことは分からない。
 
 城地のすぐ隣に「伊能忠敬の出生地の跡があり、こちらはかなり有名なようで、碑がいくつも建ち、忠敬の銅像まで建っている。伊能忠敬は佐原の出身と思いこんでいたのだが、生まれたのはここ、九十九里町だったらしい。

















作田館(山武郡九十九里町作田字館谷)

 作田館は、県道122号線を成東町から九十九里町に向かって走ると、九十九里町に入ってすぐ右手の道路脇にあった。平地の居館であったという。現在この地には光化学という会社の工場が建っているので、館の跡は完全に消滅してしまっている。土豪層の居館であったと考えられている。



西野城(山武郡九十九里町西野字城之内)

真亀川越しに見る西野城の跡。川を天然の要害としていたのであろう。 大六天神社。この背後に堀跡のような窪みが見られるのだが、遺構なのかどうか、はっきりしない。
 西野城は小関城の3kmほど南、真亀川を挟んですぐ東金市と接する所にある。川沿いの微高地である。

 城址には大六天神社が建っている。この部分の地勢は周囲より、ほんのわずか高くなっているが、はっきりとした遺構は見られない。

 真亀川の水を利用した一種の水城のようなものであったろうか。

 城主等、歴史については未詳。




屋形(山武郡九十九里町片貝字屋形)

 これもまた土豪層の居館であったと言われている。やはり平地の居館であるが、宅地化しているために遺構は分からなくなっている。ただ屋形という地名で偲べるだけである。九十九里道路の片貝インターの700m東南、道路を挟んで公民館と向かい合った、ゼネラル石油のスタンドがあるあたりにあったという。千葉県教育委員会の報告書では「屋形館」としているが、このネーミングは変なのでとりあえず「屋形」とだけしておくが、本来は「〜屋形」と言っていたものだろう。

































大竹屋旅館