*参考資料 『房総の古城址めぐり』 『日本城郭体系』 『千葉県所在中近世城館跡詳細分布調査報告書』

倉沢城(君津市豊英字古河・八幡台)

 

豊英湖に浮かぶ倉沢城。中央奥辺りの島になっている部分である。 島にアクセスできる唯一の橋はこんな感じになっていて通れない。けっこういい橋なのに・・・。
周囲は高圧鉄線に囲まれている。 イノシシ用のワナまで仕掛けられているらしい。一人で歩いていて、こんなのにつかまってしまったら最悪である。
(以前の記述)倉沢城は、豊英ダムの中にある。ダムができるまでは、小糸川の渓谷を周囲に巡らせた要害の地取りであったのであろうが、現在ではダムができてしまったため、完全に孤立した島になってしまっている。一辺が500mくらいの三角形の形をした島である。というわけで船でもなければ城址を訪れることはできない。したがってどのような遺構があるのかも確認はされていない。

 伝承によると、里見倉沢というものの居館であったという。里見倉沢とは何者であろうか。というより前に、倉沢というのが果たして人物名なのだろうか。おそらくは里見氏にゆかりのある人物がこの地の領主となり、倉沢氏を名乗ったのかもしれない。
 豊英ダムはそれほど大きなダムではないが、堤防の上に建って、水が放流されていく崖下を眺めると、目がくらむような思いがしてしまうのであった。












 





















大竹屋旅館