草刈城(市原市草刈)

 草刈城は、京成電鉄のちはら台駅のすぐ南の地点にあったというが、駅施設の造成のため、地形はすっかり変貌してしまい、完全に消滅してしまった。

 1960年の航空写真をみると、村田川に臨む比高10mほどの南西部に突き出した台地が見えている。北西部には谷戸が入り込んでおり、先端部は半ば独立形状を示している。さらに台地続きの北東部には、一段低い帯状の水田が見えている。おそらくこれが、台地基部とを切断する堀だったのではないだろうか。

 郭内部のほとんどは畑地と化しているが、その規模は100m×200mほどと、けっこう広大である。単なる豪族の居館以上の規模を有していたようである。かなりの大人数を収容することもできるだけのスペースがある。戦時の砦のようなものであったろうか。


 城主等、歴史については未詳。


































大竹屋旅館