間倉城(香取郡多古町間倉字五井台)

 成田空港と多古町との間に、菱田(芝山町)から間倉(多古町)の中央部へと続く私道がある。この道は逆Uの字型にカーブしているが、このカーブの北側の頂点辺りが間倉城の跡ということになっている。東京納品代行成田センターの大きな倉庫の南側辺りに当たる。北側の道路は切り通し状になっており、台地の比高は先端部で10mほどである。

 以前はヤブがひどく、探索していなかったのだが、google earthで見てみると、台地上は広大な畑地となり、遺跡地図の遺跡範囲に合わせるようにして、一辺が100mほどの方形の区画が見えている。「これなら、城の遺構がすぐにわかりそうじゃん」と思って再訪することにした。

 しかし、方形の区画に見えたのは畑を囲む並木と道路であり、その北側はやはりヤブ化していて入る気になれなかった。一応、先端下からもアクセスしてみたのだが、遺構のあるところには到達できなかった。先端部分に土塁のような高まりが続いているが、これは台地の縁に沿って根切り溝を掘ったゆえの副産物であり、遺構ではない。

 というわけで、けっこうあちこち歩いたのだが、結局また、遺構のある部分まで到達できなかった。帰ってからもう一度地形図を見てみると、例の方形の区画の北側のヤブが台地先端部になっているようで、ここに何かあったのかもしれない。この部分はまだ歩いていなかったのである。

 あるいは、遺跡地図で、上記の方形の区画に遺跡を示す囲みがついていたことから、この方形の区画にかつては堀や土塁などがあったものだろうか。その辺りは今のところなんともいえない。『香取郡誌』には「形跡存ぜず」とある。

 城の詳細については不明だが、ミノワ、居山(すまいやま)といった地名が残されているということなので、城があったということは間違いないものと思われる。

 

台地上から見た間倉城。杉の木と道で方形に囲まれた区画があるが、この辺りが城址だったのか? 北側の台地下から見た間倉城(右側)。比高10mほどの台地である。
(以前の記述)間倉城は、菱田城の700mほど東北、芝山町との境界に近いところにある。多古から成田空港に向かう写真の道の左手の山林の中が城址と言われているところである。台地の比高は20mほど。北側に突きだした台地の先端部に位置している。単郭の砦の跡らしいが、遺構については未確認。城主や由来等についても未詳である。



























大竹屋旅館