安土城模擬天守(三重県伊勢市二見町)

 安土城の模擬天守など存在しているのかといわれそうだが、滋賀県ではなく、三重の安土桃山文化村に確かにそれは存在している。安土城天守の復元案はいくつかあるが、そのうち宮上茂隆の復元案に忠実に基づいて建てられたものであるという。

 確かに、規模も本物くらいで、黄金の屋根などの上層部はそれらしい匂いを感じさせる。しかし下の方の階の壁は白壁造りである。信長の安土城の頃は、下見板張りが主流であったと思われるから、その辺がちょっと違和感を感じる所である。せっかくこれだけのものを建てたのであるから、そこまでこだわって欲しかったものである。

伊勢二見鳥羽ラインの二見インター付近から見上げた安土城模擬天守。予想以上に大きく立派な建造物であった。 同じく伊勢二見鳥羽ラインから遠望した安土城模擬天守。最上層が金ピカに輝いている。




































大竹屋旅館