三重県鈴鹿市

*参考サイト  ちえぞー!城行こまい

神戸城(鈴鹿市神戸本多町)

*鳥瞰図の作成に際しては、現地案内図と『城郭体系』の図を参考にした。神戸信孝の時代に五層の天守が築かれたというので、一応そういう天守を描いてみたが、この城の天守台の規模からすると、五層天守を建てるのはちと厳しいような気がする。実際、ここの天守は桑名城に移築され神戸櫓(三重)となったという伝承があるから、実際には三重天守であった可能性も高いと思われる。

神戸城は、鈴鹿の市街地の只中にある。神戸高校のすぐ西側で、神戸城址公園となっているのですぐに場所は分かる。駐車場もあるので、そこに車を留めてさっそく歩く。歩き始めるとすぐに天守台の石垣が見えてきた。
 
 神戸城の城主であった神戸氏は亀山の関氏の一族である。神戸氏4代目の具盛が、沢城から移ってきてこの地に城を築いたのが神戸城の始まりであるという。

 永禄11年(1568)、信長は伊勢に侵攻、神戸具盛は、信長の三男信孝を養子に入れることで信長と和睦する。これ以降、神戸家は実質的に織田家に組み込まれた。

 天正8年(1580)、信孝は神戸城の大改修を行い、その際、金箔瓦をもちいた豪壮な五層の天守を造営したという。この信孝は、信長の死後、兄信雄と跡目を争い、後ろ盾となった柴田勝家が秀吉に敗れた後、信雄に攻められて自刃した。これによって神戸家は滅亡する。
 

 その後、生駒親正(4万1千石)、滝川雄利(2万石)、水野忠重と城主はめまぐるしく替わった。水野氏の後、再び滝川雄利が城主となるが、関が原の役で西軍に与したために改易となってしまう。その後、一柳直盛が5万石で入部した。

 1636年(寛永13)、一柳直盛は伊予西条に転封となる。その後の15年間は幕府直轄地となったが、1651年(慶安3)に石川総長が1万石で入り、石川氏が3代続いていく。その間城がどのようになっていたか、明らかではないが、次第に荒れてしまい、城主は陣屋住まいをしていたのではないかという。1万石の規模では、幕府も城の修理など認めてくれなかったろう。

 さらに享保17年(1732年)、近江膳所の本多氏の分家本多忠統が入った。当初は陣屋住まいをしていたが、城の大修築を行って神戸城を再興した。以後は本多氏が7代続いて明治維新を迎えることとなる。



天守台の石垣。自然石をそのまま積んだような荒っぽい造作だが、これが遠くからでもよく目立つ。 本丸内部から見た天守台。2つの付け櫓があったようだ。かつてここに五層の天守が建っていたという。
本丸土塁。けっこう高く、重厚である。 本丸から南側の橋に続く横堀状の通路。しかし、古図には描かれておらず、後世の改変であろうか。
本丸南側の堀。かつてはもっと幅が広かったのではないだろうか。 二之丸庭園の池の上で雨の中、ポーズを取るウモレンジャー。調子に乗ってカメラを構えているが、この後、水分が入ってカメラが故障してしまうことになろうとは・・・・。































大竹屋旅館