三重県四日市市

*参考サイト  ちえぞー!城行こまい

采女城(四日市市采女町字北山

 *鳥瞰図の作成に際しては、現地案内板の図を参考にした。

 采女城は、内部東小学校の西300mほどの所にある。比高40mほどの台地を広大に取り込んだ城郭である。内部東小学校の南側の道を西に進んでいくと、道路のすぐ脇に城址案内板が立ち、そこから上がることができるようになっている。城の歴史によると永禄年間には廃城となった城であるようだが、かなり新しさを感じさせるくらい技巧的な城である。

 07年7月14日、史上最大規模の台風4号が接近しているというにもかかわらずに、ヤブレンジャーは恒例の夏合宿に出発した。そして夜も眠らず走り続け、愛知県でちえぞー殿と合流した後、早朝から、長島城、桑名城と回って、次に訪れたのがこの采女城であった。
 ところで、台風前のため、この日、雨がけっこう激しく降っていた。台風の雨が降っている早朝に、普通、こんな山城に登ろうと思うであろうか。ところが迷うまもなくヤブレンジャーたちは采女城を登り始めた。「せっかくだからちょっと登ってみましょうよ」といういつものノリである。この人たちには、台風の脅威など微塵も感じられないらしい。

 登り口のところで水が滝のように流れていたので、最初はちょっとひるんでしまったが、なにしろ比高40mほどしかないのであっという間に主要部に到達することができた。

 5郭に上がる部分はBの切り通しになっているが、これは原初的な枡形というべきであろう。その先の堀切には雨で滑りそうな木橋が架かっており、その先の1郭の入口にも枡形があった。小規模ながらも枡形が連続する構造であり、かなり技巧的であるといっていい。

 1郭は城内最大の郭であり、長軸70mほどある。その周囲は高い土塁によって囲まれており、井戸も現存している。

 1郭の北側が2郭であるが、その間には深さ6m、幅10mほどの広い空堀が横たわっている。2郭との接続は西端の土橋によって行われていたようだが、土橋は途中で右に屈曲して、反対側から掘り込みが入れられている(Cの部分)。これもここを通る敵を攻撃しやすくするための工夫であったろう。

 2郭の先にはやはり高い土塁がある。その西側は目立つ横矢掛かりとなっており、その部分が櫓台のようなスペースとなっている。実際、ここには櫓が存在していたのではないだろうか。3郭から4郭に続く部分も堀が複雑な様相を見せている。

 1郭の南側には深さ7mほどの深い堀切があり、その先に8の郭がある。8の郭へと下から登ってくる登城道も存在しているが、8郭城塁の下を通らせるルートで、しかも3段構造になっている。また8郭に登る突き当りが堀底構造となっている。とにかく接近する敵に対しての防御を執拗に想定している。また、この8郭は、南側の平野部に面しており、非常に眺望のよい郭である。ここには物見のための施設が存在していたことであろう。

 このように雨の中であったが、わりあいと整備されていたので、采女城は十分に歩ける城郭であった。しかもどの郭も藪が少なく見通しが利いているので、構造が非常に分かりやすく、しかも技巧的である。ちょっと訪れてもなかなか楽しめる城であるといっていいと思う。しかし、台風のさなかに来る人はそれほどいないであろうか・・・・・・。
 



采女城の南側下の道、右側の台地が城址である。この道の途中に案内板がある。ところでこの道、それほど広くない割にはけっこう交通量が多い。車には十分気をつけましょう。 道路脇にある城址碑と案内板。この脇から登城道がついている。
Bの枡形虎口。規模は小さいが、実に明瞭である。 1郭との間の堀切に架かる木橋。雨で滑りやすくなっているので、注意が必要だ。
1郭内部。かなり深い井戸もある。 1郭の枡形虎口。なかなか技巧的である。
2郭との間の空堀。幅10mほどと、かなり大規模である。 2郭側から左の空堀を見たところ。右側の土橋で接続している。
2郭北側の城塁。北側に大きく突き出した櫓台となっている。 1郭と8郭との間の堀切。深さ7mほどもあり、城内で最大の堀切である。
8郭からは、平野部を一望することができた。 8郭から下に降りる途中にあった堀底状の虎口。
 采女城の城主は後藤氏である。後藤氏の先祖は藤原氏であり、保元の乱の頃から活躍した一族であった。文応元年(1260)、武功を立てた後藤伊勢守基秀は、三重郡采女郷の地頭職を拝領し、この地に赴いて城を築いた。それが采女城であったという。もっとも現在見られる城郭はその構造から戦国期のものと見るべきであり、その後城は何度か改修を受けていると考えられる。

 永禄年間、尾張の織田信長は伊勢に侵攻してきた。後藤采女正はそれに抵抗したがかなわず、滅亡した。したがってこの城は永禄年間の当地の豪族の城の様相をそのまま残していると思われる。































大竹屋旅館