宮城県気仙沼市

*参考資料 『日本城郭体系』 

*参考サイト 城郭放浪記   陸奥の城

赤岩城(気仙沼市松川)

*鳥瞰図の作成に際しては現地案内板および陸奥の城を参考にした。

 国道45号線の赤岩インターの北側にそびえる比高80mの山稜が赤岩城の跡であり、googlemapにも掲載されている。インターから西側に道路を進んだこの地点に案内板が設置されており、遊歩道の入口もある。案内板の辺りには道路に余白があったので、車をそこに停めて歩き始める。

 北側に進んで行くと、右手の山稜方向に入って行く案内表示が出ている。登城道は民家の間を抜けていくので、こうした案内表示がないと迷ってしまいそうなところである。

 城山は西側に向けて大きく2本の尾根の張り出しを持っており、登城道はその間の谷戸部を縫うようにして登って行くようになっている。登城道は南側の山稜沿いに付けられているので、登って行くと谷戸部を隔てて、北側に城塁的な尾根が見えてくる。城塁的なというのは、切岸状になっているのはもちろんの事、段々に削平されている様子もはっきり看取できるからである。遠目に見ると、かなり幅広の郭が段々になっているかのような印象を受けるのであるが、実際には先の方は細尾根である。

 登城道が上の方に向かうにしたがって前と左右の三方向に城塁の切岸が見えてくる。そして、谷戸部は平坦になっていく。この辺りも郭として利用されていたのであろう。

 ここから北側の段々の郭の方に進むと、北側の尾根郭群に進むことができる。まっすぐに進んで行くと、正面には3郭の城塁があり、その先の登城道と合流した。北側からの登城道もあるようで、この地点で合流するようになっている。

 ここで右手に曲がって1郭方向に向かって行く。登城道は3、2、1郭の側面部を通るようになっており、上の郭からの攻撃には無防備な状態である。また、正面には4郭の城塁がそびえており、正面攻撃も同時に受けてしまうことになる。
 
 そうして登城道を進んで行くと切通しの虎口を抜けて4郭に到達した。4郭は城内で最も広い郭であり、複数の建造物を有していたと思われる箇所である。

 そこには赤岩城の幟が立てられており、1郭への階段が付けられていた。これを登ったところが1郭である。1郭には櫓台と思われる土壇があり、そこに神社が祭られている。往時も物見台のようなものが建てられていた場所であろう。

 1郭から尾根伝いに北側に2郭、3郭が造成されている。これらの3連郭と4郭とが城の主要部を成す郭群である。

 1郭からは南東側に尾根が延びている。この尾根には段郭を多数設定することで防備を固めている。尾根は4郭の南側にもあり、こちら側にも同様に多数の段郭群が造成されている。

 4郭の下には5郭がある。さらに4,5郭の北側から西側にかけては帯曲輪を数段造成している。これらの帯曲輪は、兵員を配置するものというよりは、敵を一直線で登らせないための段郭防御といった意味合いの強いものだったであろう。もとの地山の斜面はさほど急傾斜でなかったのかもしれないが、こうして何段もの帯曲輪を造成することによって、それぞれの斜面を垂直に近い状態で削ることによって、敵を寄せ付けにくくするという構造になっているのである。

 赤岩城は、かなり多数の郭を有しており、面積の大きな郭も多数ある。相当数の人数が籠城することのできる大規模な山城であった。城主の勢力の大きさを感じさせる山城でもある。




 赤岩城の城主は熊谷氏である。熊谷氏といえば、その名前の通り武蔵の豪族であり、源頼朝にしたがって、平家追討で活躍した武将の1人である。源頼朝による奥州征伐の後に、この地に所領を得て気仙沼地域の地頭となったものであろう。

 赤岩城を築いたのは熊谷直家の次男直宗で、承応2年(1223)のことであったというから、築城時期はかなり速い。直宗の所領は本吉・桃生の2郡であった。

 その後、この地域では葛西氏が最大勢力となって行くため、熊谷氏も葛西氏の家臣団に組み込まれていくことになった。

 天正18年(1590)、秀吉の奥州仕置きによって葛西氏が改易となると、熊谷氏も没落していったと考えられる。

南麓の案内板の所から見上げる城山。ここからの比高は80mほどある、 民家の間を抜けて登城道が続いている。
登城道は西側の谷戸部を通って登って行く。北側の尾根の城塁の段が見えてくる。 さらに登って行くと、谷戸部は平坦地となり、北側には段々の郭が造成されているのが分かる。
3郭の側面部まで来ると、北東側から登ってくる道と合流した。 ここから南側に1郭方向を目指す。2郭城塁の側面部を通って行く。正面には4郭の城塁が見えてくる。正面からも側面からも攻撃される登城道である。
1郭の登り口には幟が立てられている。 1郭内部。土壇の上に神社が祭られている。
神社。脇には城址標柱が立てられている。 1郭から見下ろす2郭。木が切られたまま放置されている。
再び1郭内部。 4郭は木がなく広い平場となっている。最大の郭である。
4郭南側の尾根の段郭群。 4郭から西側の郭を目指す。側面部には帯曲輪が造成されている。
4郭側面部の腰曲輪。 その先の腰曲輪から見る5郭城塁。北西側に折れている。
5郭下の段。 西側の登城道方向にも数段の帯曲輪が造成されている。