宮城県栗原市

高清水城(栗原市高清水東館)

*鳥瞰図の作成に際しては、現地案内図の古図を参考にした。

 高清水城は、高清水中学校のある場所を中心とした微高地に築かれていた。市街地化のために遺構はかなり破壊されてしまっているが、googlemapの航空写真を見ると、主郭部こそは中学校の建設によって壊滅的状況になっているようだが、古図そのままの地形が残っていることが理解できる。これは意外にあちこちに遺構が残っているのではないだろうか。

 ということで、実際に現地を訪れてみた。予想通り、1郭の遺構はよく分からなくなっているが、2郭西側の堀と土塁は痕跡が残り、そこに「お壕遺跡公園」の標柱が建てられていた。また3郭の土塁も比較的良好な状態で残存し、そこに「高清水城の土塁」といった標柱が建てられている。遺構の残存している部分には標柱が建てられるなど、意外と市民に愛されている城郭なのかもしれないと感じる。

 さらに西側に行ってみると、外堀の跡と思われる形状を明瞭に看取することができるのであった。これは右の鳥瞰図にも描かれていない部分であり、そうして見てみると、城域もかなり広かったであろうことが分かる。

 先に述べたとおり1郭は中学校となっているが、その入口には城址の案内板が建てられており、正門を少し入ったところに高清水城の城址碑が建てられていた。正門には「無断立ち入り禁止」とあるが、この城址碑の写真を撮影するくらいならまあ許容範囲であろう。

 時間をかけて探せば、まだ遺構は残存しているかも知れず、現状の航空写真に書き込んでいけば、けっこう旧状を復元することのできる可能性のある城である。市街地にある平城としては、思ったよりも旧状が維持されている城であり、現在の地図に遺構を落とし込んでいきながら散策すれば、けっこう楽しめそうな城跡である。




 高清水城も大崎一族の城である。高清水城を築いたのは、大崎氏9代義兼の3男直堅であり、直堅は後に高清水氏を名乗るようになる。天文年間のことであったという。

 天正18年の大崎氏の改易によって、高清水氏も没落してしまうこととなる。翌年の葛西・大崎の乱の際には、高清水城は伊達政宗の陣所として用いられた。この乱の後、当地は伊達氏領に組み入れられた。

 慶長9年(1604)、伊達家臣の亘理重宗がこの地を拝領し、高清水要害の城主となった。以後、高清水城は伊達藩内の要害として維持されることになる。

 宝暦年間、城主は石母田氏に代わったが、その後も要害は維持され、やがて明治維新を迎えるに至る。










西側の外堀跡と思われる地形。 3郭の堀跡。土塁だけが残されている。高さ3mほどもあり、意外にしっかりとしたものである。
2郭西側の堀跡は「お壕遺跡公園」となっている。 高清水中学校の入口付近に建てられた城址碑。





































大竹屋旅館