宮城県大崎市

名生(みょう)城(大崎市古川大崎城内、名生館、名生北館)

*鳥瞰図の作成に際しては現地案内板を参考にした。

 名生城は、その名も城内、名生館、名生北館といった地名の残る微高地上にあった。地図などには「名生館官衙遺跡」が掲載されているので、これを目標にするのもよいだろう。

 かつての名生城は、右の鳥瞰図のようにかなり多くの郭を配置した大規模な城郭であったようだが、現在は耕作地と宅地とになっていて、遺構はよく分からなくなってしまっている。ところが、googlemapの航空写真と旧状図とを見比べてみると、かつての城域を思わせる地形がそのまま見えている。どうやら現在見られる水田地帯などはそのままかつての堀のラインを示しているようで、よく歩いてみれば、現在でもちゃんと城の形状をトレースすることが可能なのではないかと思われる。

 おそらく現在の市街地図を持ち、地図に遺構を落とし込みながら散策すれば、かなりの部分、旧状を復元できそうな気がする。そういう楽しみ方をするのも一興であろう。

 堀の規模はけっこう大きく、広い所では幅15mほどもある。なかなか立派な堀であったようだが、現状では深さはあまりない。土塁もそれほど高くなかったようであり、堀はあるものの、それほど堅固な城郭でもなかったのかもしれない。

 大館の南端付近に行くと、地図にも掲載されている名生官衙遺跡を示している石碑が建っている。官衙遺跡はその奥である。民家の脇のような道を通って、倉庫のようなものの前に「官衙遺跡」の案内が立てられていた。この辺りが遺跡の中心部なのだと思う。しかし、遺構らしきものは特に見られず、一面の畑となってしまっている。おそらくこの地は古代から、集落の中心部分だったのであろう。そこに官衙が営まれ、後には、領主の居館となっていったものなのだと思われる。

 その部分から100mほど北に進んだところに、名生城の案内板が立てられている。そこには城の解説と共に、旧状を示した図も掲載されている。右の鳥瞰図はそれに基づいたものである。ここから東側に進んでいくと、民家の脇に土塁があるのが見えてきた。これがかつての大館の土塁だったのだと思われるが、付属する堀は失われてしまっている。残存状況は部分的である。

 このように、名生城にはあちこち堀らしき跡や場所によっては土塁も残されているのだが、堀といってもただの水田と変わらず、規模は大きくてもあまり堅固な城郭ではないといった印象である。戦国期よりも以前の領主の居館というのは、この程度のものだったのであろうか。とはいえ、家臣団の集住を意識していたようで、郭の数は非常に多かったりする。

*後で帰宅してから航空写真を見てみたら、北館部分は山林のままになっていた。こちらには堀などが良好に残っている可能性がある。今度訪れた際は、そこを真っ先に確認してみたい。



 名生城の城主は当地の大豪族であった大崎氏である。大崎氏は足利氏の一族であり、斯波氏の分流に当たる。当地では名族であったといっていい。

 名生城が築かれたのは、室町時代初期の観応の擾乱の頃のことであった。観応2年(1351)、大崎家兼が名生城を完成させたことが「三浦将監郡忠状」に記載されているという。
 
 それ以降、大崎氏はこの地域でかなりの勢力を有するようになるが、古い豪族というのは得てして一族での内紛を起こしやすいものである。戦国末期になると、大崎氏も内部対立が激しくなり、次第にその勢力は衰えていった。

 天正18年(1590)、大崎氏の当主は13代の義隆の時代になっていたが、一族での対立を抑えることができない状況で、小田原へ参陣することはかなわなかった。それがもとで、大崎氏は改易となってしまう。

 翌年に起こった葛西・大崎の乱では、大崎旧臣の一揆勢は、この城を拠点として豊臣軍に抵抗を試みた。しかし、蒲生氏郷らの軍勢に攻められて、城は落城してしまうことになる。それ以後、名生城は廃城となっていったものだろう。

名生城小館付近の水堀跡。けっこう幅広である。 名生館官衙遺跡入口に立つ石碑。
大館周辺の堀跡と思われる部分。 大館に残る土塁。





































大竹屋旅館