宮城県大和町

*参考資料  『日本城郭体系』

*参考サイト  お城の旅日記  東北の山遊び  ぶっちゃんのホームページ  城逢人

田手岡館(大和町宮床字四辻御殿山)

*2012年7月15日、ヤブレンジャー夏合宿で訪れた。梅雨時の雨上がりの気候だったのだが、城址公園になっているとのことで、内部探索できるのではないかと考えていた。

 ところが訪れてみると、登り道がすでにヤブで覆われてしまっている。しかもヤブは濡れている・・・・。そういうわけで今回は内部には進入していない。いつかリベンジを期したいところである。

 ラフ図は、上記のホームページに掲載されていた古図や案内板に基づいて作成してみたものである。しかし、現実の地形とどうも合っていないように思われる。次回、再訪した際にその辺をきちんと描き直してみたい。ちゃんと探索すればそこそこの城館のようである。

 山の周囲に廻っていた水堀の名残は現在でもあちこちに見られるようである。北側の入口には丸馬出しも存在していたらしい。

 田手岡館は宮床小学校の西100mほどのところにある比高20mほどの丘陵に築かれていた。



 伊達忠宗の8男宗房は、田手岡氏の家督を継ぎ、宮床に所領を与えられて、居館を構えることになった。万治3年(1660)のことである。田手岡館はその際に築かれたものである。

 元禄15年(1702)、田手岡3代の伊達村興の時、川崎要害へと居所を移すが、享保元年(1716)に再び田手岡に戻ってきて、御殿を再築した。以後は明治維新まで田手岡伊達氏の居城として存続した。











北側山麓民家脇にある案内板と標柱。背後の丘陵が御殿山である。
 




鶴巣館(下草城・大和町下草・富谷町大童)

*2012年7月15日、ヤブレンジャー夏合宿でこの城を訪れた。ところが、この日、雨が降っていたため、八幡神社の所までは来たのだが、山の中まで入ってみることができなかった。だから遺構のある部分まで探索していない。

 しかし、どういう城郭であったのかを知っておきたい。そこで参考までに『図説中世城郭事典』を見ると、なかなかよさそうな城郭である。そこでその図を基にした鳥瞰図をちょっと描いてみたのだが、実際に自分の目でこの鳥瞰図のような形状になっていることを確認したわけではない。

 後で帰宅してから調べてみると、どうも八幡神社から登るのではなく、八幡神社の前を通って南西に進んでいくと、神社のあるところまで歩いていける道があったらしい。そこならば傘をさしても行けたかもしれなかったのだが、残念! まあ後の祭りということである。こういうこともままあったりする。

 城は山稜上の連郭式主要部を中心に、腰曲輪を多数配置したもので、かなり規模の拠点的城郭であったようだ。主要部の下や山麓近い部分に横堀を長く配置するなど、けっこう手も込んでいる。城主の勢力の大きさを感じさせる城郭であるといっていい。かなりの人数の籠城も可能である。

 興味深いのは、1郭・2郭・3郭の下から横堀に向かって、土橋状に突起した部分が見られることだ。これは他の城郭ではあまり見られないものである。実際にどのようになっているのか、次回訪問した際に確認してみたい。



































鶴巣館北側入口にある城址標柱。中央右奥の山である。 城址山麓にある八幡神社。この前が公民館になっているので、車はここに停めておける。この前の道を進んでいくと、城内に入れる道がある。
 鶴巣城の歴史についてはあまり詳しいことは分からないが、近世になって仙台藩によって書かれた『仙台領古城書上げ』には、永禄年間に黒川安芸守晴氏が居城としていた鶴楯城というのが記載されているという。この鶴楯城こそが、鶴巣館のことであると考えられている。「鶴楯城」=「鶴館」=「鶴巣館」といったつながり具合であるが、どうして鶴巣の「巣」が抜けてしまったものか、不思議である。

 黒川氏はもともとは斯波一族であり、大崎氏の家臣となっていた。当時の大崎氏の勢力は大きく、都との交流も行っていたようで、晴氏の「晴」の字は、足利将軍義晴から一字を拝領したものであるという。それにしても「晴氏」といったら、古河公方を思い出してしまうのだが・・・・。

 晴氏は大崎氏から独立し、伊達氏に加担して、数々の合戦で戦功を立て、伊達家臣の中でも枢要lな位置を占めることとなった。これは晴宗から輝宗の時代にかけてのことであったという。ところが、伊達政宗の代になると、、政宗は黒川氏と親交のあった最上氏と対立し、さらには大崎氏にも攻撃の手を加えることとなってしまった。そういった事情から、黒川晴氏は伊達政宗と手を切ることになる。

 そのきっかけとなったのは天正16年の、伊達軍による中新田城攻めである。当時晴氏は桑折城に在城していたが、伊達軍を背後から攻撃しさんざんに打ち破った。しかし、その伊達軍を全滅させるようなことはせずに、晴氏は退却する伊達軍には手を出さなかった。堂々としたものである。その後、伊達政宗は大崎氏攻撃をあきらめ、矛先を転じて会津に侵攻し、葦名氏を追放することとなる。

 天正18年の小田原の役の際、黒川氏は大崎氏同様、小田原に参陣しなかったため、改易となってしまう。大崎領の支配者となった政宗は、先の合戦で伊達軍をひどい目に遭わせた晴氏を殺害しようとしたが、婚姻関係にあった留守政景の取り成しによって命は助けられ、その後は政景によって庇護されたという。

 鶴巣館も黒川氏の没落と同時に廃城となったものであろう。これだけの城郭ではあるが、仙台藩の存続要害とはならなかったようである。


































大竹屋旅館