奈良県明日香村

石舞台古墳(明日香村島庄)

 石舞台古墳は国の特別史跡に指定されている。もちろん、これは城館ではない。しかし、夏合宿2日目の最初、宿を出て高取城に向かう途中、「石舞台古墳」の看板が見えてくると、前の日から「石舞台古墳に行ってみたい」と言っていたワカレンジャー隊員はそわそわしてきた。結局、ワカレンジャー隊員の要望もあり、台風も行ってしまったことだから、ちょっと寄ってみようかといういつものノリで、立ち寄ってみることになった。私にとっては高校の修学旅行以来の再訪ということになる。

 入場料200円を払って古墳の近くに寄ると、周囲には方形に巡らされた堀が綺麗な形で残っている。まるで方形館そのものである。そんなこともあって、「これも1城ってことにしようや」となったのであった、おいおい。

 古墳の形態は下方上円墳か、下方上八角墳だったのではないかと言われているが、上の部分がすっかり取り払われている現状では、本来の形がどのようなものであったのか、もはや確認するすべもない。

 この古墳がどうして露出してしまったのかについては、いくつかの説がある。一説によると、これは蘇我馬子の墓であり、蘇我氏滅亡後に、蘇我氏の横暴を恨んだ人々によって破壊されてしまったのではないかという。単なる盗掘によるもの、という説もあるが、これだけの土を取り払うのは大工事であり、権力者の力なくしてはありえない。馬子の墓かどうかはさておいたとしても、権力者が何らかの理由で暴いた古墳の跡、という点は合っているのではないかと思う。

 そういうわけで、石室が露出した稀有な古墳ということになるのだが、この石の大きさにまず圧倒される。これほどの巨石をいったいどうやって運んできたものであろうか。第一、こんな石がどこにあったものだろう。そうした経緯を想像するだけで、太古の人々への憧憬心が湧いてきてしまうのであった。






石舞台古墳の堀。まるで城の堀のように重厚なものである。古墳そのものは上円下方墳であったということで、上の円墳部分がそのまま失われてしまった状態では、まるで方形館のような形状である。 石舞台古墳の石室上の岩。いった何トンくらいあるのだろうか。このような強大な石をどうやって運んできたのかがとても不思議である。大変な苦労だったことだろう。
石室入口。中に入れるようになっている。 石室の内部。薄暗い。































大竹屋旅館