小原子城(芝山町小原子)

 

 小原子(おばらく)城は飯櫃城の支城の一つで、飯櫃城とすぐ東に向かい合った小原子地区にあったといわれる。城主は初め石井宣就という者で、後には郡司幸成という者が居城したという。石井氏も郡司氏もこの辺りに多い苗字である。

 写真は飯櫃城付近から城址を見たところで、比高17mほどの台地の先端部の地取りである。台地上の一部は富里ゴルフ倶楽部の敷地内となっている。台地上は上楽遺跡という古代の住居の跡ともなっており、かつて発掘調査も行われたが、城郭的な遺構は発見されなかった模様だ。





















大竹屋旅館