*参考資料 『房総の古城址めぐり』 『日本城郭体系』 『千葉県所在中近世城館跡詳細分布調査報告書』

奥畑城(君津市奥畑豊英字東口)

 奥畑城はものすごい山中にある。そういうこともあって、以前はアクセスも困難なのではないかと思っていたのだが、地図をよくよく見ればすぐ麓まで車も通れるいい道が付いている。アクセスはわりと容易そうだ、ってなわけで行ってきた。

 国道410号線の豊英トンネルの北側入口から200mほど北側に、東側に入り込むような車道がある。予想に反してちゃんと舗装もされている道である。その道をどんどん進んでいけばやがて峠のトンネル部分に到達するのであるが、このトンネルの上の尾根を東側に向ってアップダウンしながら進んでいくと、標高364mの安房高山に到達する。この山の南側下辺りに、「遺跡地図」は城址の印を付けている。

 地形図を見ると、トンネルからの比高差は20mほどしかない。楽勝じゃん!って思っていったのだが、現場を見て唖然。この辺りの斜面はみな崩落防止のためコンクリートで固められてしまっていて、登ることなどとうていかなわない。しかし、図の赤い点で結びついている所だけからかろうじて尾根上にアクセスできそうであった。そこでそこからよじ登ってみた。(この尾根も大変危険なので、登る人は十分に注意してあくまで自己責任で登って下さい。当HPは責任を負いかねます。)

 尾根に登ってみると「房州街道」の表示が立っている。かつてはこのような尾根も道として使用されていたのであろうか。もっとも現在のトンネルができる前までは、こうした山塊を越えるためには、尾根筋を歩いて行くしかなかったのかもしれない。となると、この細い尾根一本の街道にもかつては里見の軍勢が通行していったのかもしれない。そう思うと何とも言えない感慨がある。

 とはいっても、この街道、道というには途中あまりにも急峻な部分を含んでいる。両側は崖なので、滑り落ちようものなら大変なことになる。この日も風が強かったので、歩くのがやっとというありさまであった。特に北側の道路に面した部分は、下の方がコンクリート加工されているので、滑落したら完全にアウトである。

 そうして尾根道をアップダウンしながら東側に進んでいったところ、やがて「364m 安房高山」の標柱のあるところまで来た。この南側の尾根の下にちょっとした平場がある。これが尾根道を監視するための番所が置かれていたところであろうか。眺望がとてもよいところであったのだが、何しろ尾根道をまた戻っていくのが不安で、そこまで確認してきて戻ってしまった。この尾根道を監視するための番所を置くだけなら、この程度のものでも済むのかもしれない。つまりここは、城というよりも、ただの番所である、と見るべきもののようである。

 しかし帰宅してから地形図をよくよく見て見ると、城址の印が付いている地点は、もう少し南側のようにも見える。そこよりさらに進んで南側には郭を置けそうな平場もありそうである。もしかすると、そこまで行けば城郭らしい遺構をみることができたのかもしれない。どちらにしてもそれほどたいしたものではないだろうが・・・・・・。

 というわけで城のありそうな位置の場所の確認はできたのだが、もしかすると本来の城の位置までは到達できていなかったのかもしれない。リベンジの必要がありそうだが、とにかくここはけっこう危険な場所であるので、すぐにはまた行こうとも思われない。よほど物好きで危険なこともいとわない人のリクエストでもあれば別だが・・・・。

山道をどんどん登っていくとトンネルの所に出る。このトンネル上奥を進んだところにある安房高山の南側辺りが城址である。周囲はコンクリートで固められており、トンネルの右側辺りの尾根から取り付くしかない。 屏風を立てたような細い尾根が続いている。両側は崖なので落ちたら危険極まりない。この日は風が強くて歩いているだけでも危なかしかった。
安房高山南側の平場。この辺りが城址なのだろうか? あるいはもっと南に進んでいったところだったのかもしれない。 安房高山に立つ標柱。標高364mである。確かに景色はよい場所だ。
(以前の記述)奥畑城は里見氏の番所が置かれていたという所であるが、とても辺鄙なところにある。君津市と鴨川市との境界の辺りで、比高270mもある峻険な山である。現在国道410号線は山塊の下のトンネルを通っているので、この城址の付近は通過しないのだが、かつては交通の要衝を押さえる好位置にあったのであろう。それを思うに付け、昔の人は峠越えをするのがとても大変だったのだなあと感慨ひとしおである。城址には土塁や虎口などが残っているという。

 なんとか車で近くまで登ってみようと思ったのだが、トンネルができて以降、峠をまわる道はほとんど使われていないようで、車止めがしてあったり、「通行不能」の看板が出ていたりして、登ってみることはできなかった。さりとて、とことこ歩いていく勇気もなかったので、城址の現状はまったく確認はできなかった。

 
























大竹屋旅館