御宿町


最明寺城(夷隅郡御宿町御宿台)







館山城(夷隅郡御宿町上布施字城の谷)

御宿町というと海の町というイメージがあるが、館山(やかたやま)城は御宿町の山中にある。今は御宿町に編入されているが、この辺の地名も上布施で、布施城とつながりの深い城であることが分かる。布施城より1.5km南西にある。公民館のちょっと先の比高25mほどの山上で、城が谷(やつ)と呼ばれている辺りが城址らしい。城址の向かいの墓地のあたりに写真の標柱が建っている。手作りの素朴な標柱で、柱はもう腐りかけており、あと何年かすると、ぽっきり折れてなくなっていそうである。

  館山城を築いたのはやはり上総介広常で、布施城の出城として物見台を置いたところであるという。












根古屋城(御宿町上布施字根古屋、奥殿台、前殿台)






糠塚館(御宿町上布施字糠塚)

 糠塚館は、御宿と大原町の境界近くにあった。現在布施小学校の建っている比高5mほどの微高地である。地元では長者屋敷と呼ばれている。中世、あるいは近世の名主層の居館であったろう。しかし、学校の敷地となってしまったため、もはや何の痕跡もない。


























大竹屋旅館