大厩(おおまや)館(市原市大厩字堀之内)

参考サイト  千葉市の遺跡を歩く会

 大厩館は隠滅してしまったのであるが、千葉市の遺跡を歩く会空撮 大厩館を見て驚いた。そこには1974年の、耕地整理以前の航空写真が掲載されており、写真中央には明確に館跡の形態が映し出されていたからである。
 見ると、館跡は長軸50mあまりの台形に近い形をしており、北東部の角が欠けている。これは横矢折れというよりは鬼門除けであったろうか。堀幅は10m近くあり、郭をしっかりと取り巻いていた。いわゆる土豪の館にしては堀幅が広くしっかりとしている印象がある。










 大厩館は、大厩三又のバス停の東側200mの水田中にあった。耕地整理のために現在では消滅してしまったが、かつてここに水堀を巡らせた中世の居館があった。それを示すものとして、堀之内、本郷、屋敷、沼の門、門、などといった地名が残されている。
























大竹屋旅館