大角(おおとがり)城(香取市<旧山田町>大角字中小路)

*参考資料 『千葉県所在中近世城館跡詳細分布調査報告書』 『房総の古城址めぐり』 『日本城郭体系』

 大角城は、現在青年館になっている光明寺や稲荷神社のある台地上にあったという。

 近辺には「御城」「北小路」「中小路」「東門」「かじや台」「木戸場」といった城郭関連地名が豊富に残っているということで、こうした地名からすると、城があったのは確実であろう。とはいえ、現状では城の形態を認識することはできず、どのような城であったのかはさっぱり分からない。というか、城の中心部はどこにあったのであろうか。光明寺北側の台地端部分、東光寺北側の台地先端部分などはちょっと怪しいと思われるが、明確な城郭遺構というものは見当たらなかった。

 台地は比高10mほどで、そんなに厳しい地勢ではないが、稲荷神社の脇や背後は、削ったような崖となり、土塁も残存している(ただし神社に伴うものの可能性あり)。土塁上には何かの祠が祭られている。もしかすると妙見の祠なのかも知れないが、よくわからなかった。

 このすぐ脇がゲートボール場になっており、近所の老人たちがゲームにいそしんでいたので、大角城について尋ねてみたが、誰も知らなかった・・・・・。よって、伝承等はよくわからないが、一説では犬上四郎が城主となって後、林氏を名乗ったという。

 写真は、塗り替えられたばかりと思われる稲荷神社の社殿。実にきれいに菜食されている。こんなのはほとんど見たことがない。しかし、本来、神社の脇はこのようにきれいに彩色されていたものだったのであろう。




























大竹屋旅館