埼玉県吉田町

*参考サイト  北武蔵城郭フォーラム

吉田竜ヶ谷城(吉田町久長字竜ヶ谷山)

 吉田竜ヶ谷城は皆野町との境近くにある。皆野町から県道37号線を吉田町方向に走っていくと、県道270号線と交わる所(「馬頭尊」のバス停がある)を過ぎて300mほどで道が左に緩やかにカーブするが、その時直進できる道がある。その道に入ると200mほどで右手の山の方向に登る道がある。後は右手の別荘地街の方にどんどん進んで急坂を登り、道が行き止まる所まで行くと、車を2台留められるくらいのスペースがある。道はないが、ここに車を置いて直登すると5分ほどでこの図の尾根の先端辺りに出る。麓からの比高70mほどの山上である。

 先端近くの山上には岩盤がむき出しになっており、見るからに要害である。この上には比較的広い平坦地があり、ここが1郭であったと考えられる。1郭は1mほどの段差を持って2の部分と2つに区画されている。また東側にはやはり1mほどの段差のような部分があって、ここに3段ほどの小規模な石積みが見られる。さらに東側は自然地形のような傾斜が続いているが、その先は堀切1に至る。堀切1は岩盤を掘り切ったもので、深さ4m、幅6mほどありなかなか堅固なものである。注目すべきなのはこの堀切の南西側にある竪堀1で、幅4m、深さ1mほどに掘り込んでかなり下まで続いている。この堀切1、竪堀1はかなりきちんとした工事によるものである。

 1郭の西側には高さ1mほどの土塁があり、その先が堀切2となる。この堀切の深さは2の側で5m、3の側では2mほど。幅は6mほどある。やはり南西下は竪堀となっている。

 さて、この城で最も注目すべきであるのは、3の部分であろう。3は方6mほどの方形の区画で、前面の東側に横堀が掘られている。形態からするとこれは北条流の角馬出しのように見えるのである。しかし、この周囲の堀の形態ははなはだ不完全であり、馬出しとしての区画性に欠けている。

 その西側の4の部分もだいたいは自然地形である。しかし5との間には1mほどの段差があり、小規模な竪堀のような切り通しが見られるが、何なのかはよく分からない。

 5の部分は土塁となり、東西に延びている。下には掘りかけの堀の跡らしきものもある。この部分の城塁には見事な横矢が掛かっているのだが、やはり不完全な堀で区画されているのみである。堀切3としたが、堀切と呼んでいいのか迷う所である。だが、完成していればここは間違いなく堀切になった所であろう。

 堀切3の北西側もやはり自然地形である。しかし、その先には土塁があり、堀切4がある。といってもこの堀切は深さ2mほどで、塁面も急峻ではなく、自然地形からあまり手を入れていないように見える。

 そしてここから先は人口の手を感じるものがないので、城域はここで終わるのであろう。
 この城をざっと見て感じたことは、「これは未完成の城」であろうということである、その理由としては次のようなことが挙げられる。

1.郭全体の削平が全体的に甘い。というよりも郭を削平するだけの手間をかけるまでに至っていない。

2.岩盤になっている1,2辺りはともかくとして、他の部分では、郭の塁縁を切岸加工していない。塁縁部が自然地形のままの緩い傾斜になっているので、これでは敵の侵入が容易である。いかに高い所にある山城とはいえ、これでは無防備すぎると言えるだろう。

3.3の馬出し状の部分には堀が途中までしか掘られていない。そのために3は馬出しとも断定しかねる形態になってしまっているのだが、この半端な区画の仕方は工事途中のものに見える。
4.5の部分には横矢を伴った切岸が存在しているのに、その下の堀が浅く、しかも途中までしか掘られていない。

5.全体的に半端な工事を行っているのがこの城であるという見方もあるかもしれないが、それにしては竪堀1などには相当の工事量を施している。この部分からすると、「半端な工事で満足した城」であるとはとても思えない。

 他にもいくつかあるかもしれないが、とにかく造りかけの印象が強い城である。角馬出しらしきものの存在からして、北条関連の城であるかと思われるが、いつの頃か、北条氏が工事を初めて、完成せずに放棄された城なのではないかと思う。

南側の麓から見た竜ヶ谷山。ここからの比高は70mほどであろうか。山すそが広がっているので、下から山頂方向は見にくい。 堀切1は岩盤を掘削したもので、正面から1郭側にはとてもよじ登れない。
竪堀1。写真では分かりにくいが、かなりの工事量を伴った本格的な竪堀である。 2と3の間にある堀切2。2の側では5mほどの深さがある。
3の角馬出しと前面の堀を見た所。堀は途中までしか掘られていない。 堀切3の所にある、見事に横矢の掛かった城塁。横から見ると横矢部分が張り出しているのがよく分かるであろう。
一番外側の堀切4。中央部に土橋のようなものもあるが、これも造り方が半端である。 1郭東側の段の所にある石積み。微妙であるが、確かに積んであるように見いえる。
 城の歴史についてはっきりとしたことは分からない。しかし、永禄12年(1569)、武田氏の侵攻に気づいた麻左見氏が「吉田の盾」に早朝そのことを知らせたことについて、北条氏邦がそれを称えて「朝見」の姓を名乗るように指示したという文書から(北条氏邦書状)、この時の吉田の盾こそがこの城であると言われてきた。しかし、この文書が疑文書であると言う話も聞いている。となると、「吉田の盾」と呼ばれていた城が存在していたのかも含めて再検討しなければならないようだ。

 城の形態からは未完成の城であるという印象が強く感じられる。時期については不明だが、ある時、北条氏によって工事が始まり、何らかの理由で途中放棄されたものではないかと想像できる。





























大竹屋旅館