新(にい)城(香取郡多古町西古内字新城、塙)

 新城は、土橋城の800mほど北、南に向かって突きだした比高20mほどの台地上の先端部にある。この台地も切り立った険しい斜面の土地で、実際この南側の斜面は、かなり崩落してしまったあとが見られる。遺跡の地図にマークしてある南側部分はすっかり削り取られてしまっているようで、どうも遺構は隠滅してしまっているようである。空堀、土塁、櫓台などが残っているというが、どこにあるものやら分からない。

 新城の北側一帯は「西古内大門入会地」となっている。近世、入会地となっていた山は珍しくないが、現在でも入会地として管理しているというのはあまり聞いたことがないような気がする。この入会地の北側辺りには、切り通しの通路のような一見アヤシイ地形も見られたのだが、ここまで城域を拡大して考えるのは現実的ではなく、やはり遺構と見るのは無理がありそうである。


城主等についても未詳である。新城というくらいだから、何かの城に対して、新たに取り立てた城ということになるのであろうが、それがどの城に対しての新城であったものだろうか。


































大竹屋旅館