静岡県袋井市

*参考資料 『静岡の山城ベスト50を歩く』

久野城(袋井市村松字鷲津)

*鳥瞰図の作成に際しては現地案内板と『静岡の山城ベスト50を歩く』を参考にした。

 久野城は、六所神社の南西側にある比高15mほどの独立台地に築かれていた。それほど高い台地ではないが、平野部にあるためかなり目立っている。そのため、かなり遠くからでも独立した島のように見えており、城の位置は把握しやすい。

 また、本丸の南側には大きな看板が立てられており、南側の道路からだと「久野城」という名称もよく見えると思う。

 久野城は、城址公園となり、北側には駐車場やトイレも設置されているのでとても訪れやすくなっている。駐車場のあるところの南側には、かつて北の丸という郭が存在し、その北西側には大堀切もあったというが、この辺りは現在は削り取られて消滅している。

 駐車場のすぐ背後にそびえている城塁は北下段のものである。下段というくらいだから、かつての北の丸は、さらにこれよりも高い位置にあったのであろう。北下段から降りていくと、そこが幅の広い横堀となっている。その横堀をまっすぐに進んでいくと東の丸であるが、まずは本丸を目指していくことにする。

 北下段の南側には幅広の鞍部があり、その先を一段上がったところが三ノ丸である。そこからさらに上がると二ノ丸。二ノ丸の西側には一直線に土塁が盛られている。

 二ノ丸からさらに上がったところが本丸である。しかし、虎口などにはたいして工夫が見られない。本丸は最高所であり、見晴らしはいい。ただ、土塁などは見られない。この本丸の南西部分に目立つ看板が立てられていて人の目を引くようになっている。

 二ノ丸を降っていくと高見という郭がある。物見の郭といったような意味であろうか。ここから下に降っていったところがかつての大手である。その南側の平場一帯が南の丸と呼ばれているところである。

 これらの周囲は現在は一段低い水田となっているが、かつては幅広の水堀が巡らされていた。その形状については現在の航空写真からでもだいたい想像できる。

 南の丸から北西に進んでいくと、高見の城塁がむき出しの崖になっているのが目に入ってくる。高さはそれほどでもないが、要害の地形であったことが理解できる部分である。さらに進むと西側に出張った部分が見えている。これが西の丸である。

 西側から三ノ丸の脇に上がっていく道がある。これを進んでいくと再び、北下段下の横堀のところに出た。そこから今度は東の丸に進んでみる。その途中に本丸の城塁がやはり崖状になっている個所があった。あちこち要害地形になっているようである。その先の堀切を越えたところが東の丸である。

 これでざっと城内を一回りできた。久野城は比高差のたいしてない台地に築かれたものだが、鋭い崖と幅広の水堀に守られており、なかなか堅固な城郭であったのではないかと思われる。郭面積もかなりあるので、そうとうの人数を収容して籠城することも可能な城郭である。


















北東側から遠望する久野城。比高20mほどの独立台地である。沼沢地に浮かぶ島のような地形であった。 駐車場から上がっていくと最初に通る北の丸下段。北の丸と大堀切は完全に湮滅してしまっている。
東丸へと続く通路は横堀状になっている。 北下段と三ノ丸との間の堀部分。
本丸内部。 本丸の南側にある二ノ丸。西側に土塁を配置している。
二ノ丸から本丸方向を見ると、でかい看板が目に入ってくる。 二ノ丸の先にある高見。
その下の南の丸。 高見の土手は、削られた崖となっている。低いながらも堅固である。
西の丸方向を見たところ。 本丸北側の城塁と堀切。
東の丸手前の堀。 東の丸。
 久野城は国人領主であった久野氏の居城である。久野氏は天正18年、徳川家の関東転封に伴って、下総佐倉に入部していった。

 代わって入城してきたのは、松下之綱である。松下氏といえば、豊臣秀吉が若き頃に仕えたといわれる今川の武将松下嘉兵衛の子孫にあたる。

 だが慶長8年、松下氏は城の石垣工事を無許可で行ったということで、常陸小張に転封となる。ところで、城内をざっと歩いてみたのだが、石垣には気が付かなかった。石垣の工事をとがめられたというのは本当のことなのであろうか。

 代わって再び久野氏が入部してくる。この久野氏は、元和元年、徳川頼宣にしたがって紀州に転封となる。代わって入部してきたのは北条氏重である、といった具合に久野城の城主は転変極まりない。

 寛永17年、北条氏重は下総関宿に転封となり、それ以後、久野城は廃城となった。




馬伏塚(まむしづか)城(袋井市浅名字岡山)

*鳥瞰図の作成に際しては現地案内板と『静岡の山城ベスト50を歩く』を参考にした。

 浅羽地区にある諏訪神社が、馬伏塚城のかつての本丸跡である。北側の部分は宅地化が進んでいるが、それでもかつての地形そのものはそれなりに残っている。

 本丸跡には諏訪神社があるので、馬伏塚城を目指す際には、この諏訪神社を目標とするとよいと思う。県道403号線沿いにそれらしい地形が見えてくるので、場所は何となく分かる。現状でも、本丸周辺は水田地帯に浮かぶ島のように見えている。

 諏訪神社の脇までくると、そこに案内板が立てられている。案内板には、現在の地図の上に、かつての郭の図を載せているので、現況と合わせてだいたい理解することができる。しかし、それを見て思うのは、旧状はあまり維持されていないということである。

 諏訪神社が建っている部分が、かつての本丸の土塁である。土塁は一部を残して取り払われており、そこに民家が建てられているようだ。また、本丸の北側にあった馬出や神曲輪も、現状ではほぼ痕跡的な状況になってしまっている。

 道路を挟んで北側には2郭があった。しかし、北側は見事に宅地化されてしまっている。2郭に入ってみると、民家の周囲に土手が見られており、かつての地形はある程度残されているものの、内部探索は難しい状況にある。

 3郭も、一段高い地形そのものは残っているが、びっしりと民家が建て込んでおり、遺構そのものは存在していないようである。


 かつて沼沢地に浮かぶ浮き城のようであった馬伏塚城であるが、宅地化によって、かなり状況は改変している。それでもかろうじて城郭らしい雰囲気のみはとどめている、といった状況である。



































本丸の城塁。 城内にある切通しの通路。
本丸内の諏訪神社。土塁の上に建っている。 本丸東側。
馬出曲輪跡。 本丸を遠望したところ。微高地であることが分かる。
北の曲輪には遺構はないが、かつての城塁らしき土手があちこちに見られる。
 馬伏塚城の城主は、高天神城主であった小笠原長高であった。小笠原氏は、高天神と馬伏塚城の2城を拠点として、今川勢力をこの地に敷衍していた。

 天正2年、徳川家康家臣の大須賀康高が、馬伏塚城の城主として入城、高天神城攻めの拠点となる。さらに天正8年には高力清長が入城した。

 天正9年に高天神城が落城し、武田勢力が衰退していくと、馬伏塚城はその機能を失っていったと思われる。




岡崎城(袋井市山崎字岡崎)

*鳥瞰図の作成に際しては『静岡の山城ベスト50を歩く』を参考にした。

 岡崎地区にある北八雲神社の一帯が、岡崎城の跡である。参考にした本には「岡崎の城山」とあったが、城山は城址を示す一般的な地名であり、あちこちにあるものである。岡崎にある城山であるならば、岡崎城と呼ぶ方がふさわしい呼称である。

 岡崎城は、かつては沼沢地に浮かぶ島状の台地の先端部を利用したものであった。現在、沼沢地は水田や道路となっているが、台地そのものは旧状を維持している。

 まずは東側の先端部に行ってみると、台地に上がっていく道が見えている。「これなら楽勝じゃないの」と思いながら台地に上がってみると、そこは一面の茶畑となっている。それはいいのだが、この台地の茶畑は、まったく間に隙間なく植えられているため、茶畑を抜けて城址方向に進むことができないようになっていた。また、城址は猛烈な竹やぶになっているのが遠目に見てもよく分かる。

 そんなわけで、あきらめかけたのだが、思い直して東側の北八雲神社の方に回り込んでみることにした。すると、神社のすぐ西側脇に堀があり、その先に重厚な土塁がそびえている。どうもここが1郭の入口辺りであるらしい。

 しかし、その先は半端じゃないほどのヤブであった。だから、城内の隅々まで探索できたわけではない。ということで、鳥瞰図は、ほとんど『静岡の山城ベスト50を歩く』に基づいたものである。

 岡崎城は横堀を巡らせた1郭を中心として、神社のある2郭を配置した2郭構造の城郭であった。


  岡崎城の城主は、四ノ宮右近であったという伝承があるが、この人物については詳しいことは分からない。高天神城や、高天神城攻撃の拠点となった馬伏塚城などが近くにあることから、高天神城の攻防に関して築かれた陣城の一種であったと考えられている。









最初、1郭の南側からアクセスしようとしたのだが、まったく足を踏み入れられないほど茶が栽培されていてアクセスできない。 北八雲神社の方からが分かりやすい。神社のすぐ脇には堀が残っている。
その先にある立派な土塁。
































大竹屋旅館