曽我野陣屋(千葉市中央区曽我町2丁目)

 

 曽我野陣屋は明治3年に戸田忠綱によって設置されたものである。戸田忠綱はもともと下野国高徳に陣屋を構えていたが、明治3年にこの地に転封してきたという。陣屋は100m四方くらいの規模で、現在の曽我野郵便局の辺りにあったらしいが、宅地化が進み、現在では遺構はまったく見られなくなってしまっている。

 その後、T氏からご指摘があり、陣屋跡の正しい位置は千葉市中央区蘇我3丁目23辺りであるということである。また、『絵にみる図でよむ千葉市図誌 上巻』には、廃藩4,5年後の陣屋跡の絵地図、昭和初期の字陣屋の位置のわかる地図など資料が載っているとのことである。後で、この本を見ることができたら、確認してみたいと思う。

*上記の本に掲載されている地籍図を基にして陣屋の形態を想像してみた。地籍図の陣屋跡東側半分には折れをともなった堀の形状がはっきりと見て取れる。それに対して、西側はかなり不明瞭になってしまっているので、想像で補ってみた。陣屋が存続していた期間は、わずか1年あまり。廃城後、すぐに耕地化や宅地化が進んでいったようで、元の形状はあっという間に失われていってしまったものだろう。
































大竹屋旅館